公開日: 更新日:

クリミナル・マインド シーズン11 第11話の感想・ネタバレ

クリミナル・マインド シーズン11 第11話の感想・ネタバレ

クリミナル・マインド シーズン11 第11話のあらすじ・感想・ネタバレや、使われた曲(挿入歌)、キャスト、格言などについて書いています。

クリミナル・マインド シーズン11 第11話のあらすじ
邦題:エントロピー 原題:Entropy

母親のもとから戻ったリードは、レストランで若い女と待ち合わせをする。相手はガルシアを狙う殺し屋ネットワークのひとりキャットだ。

3日前、BAUは国家安全保障局のコクランから得た情報で殺し屋たちのサイトにアクセス、隠れ家に突入していた。

殺し屋ネットワークのうち2人が死亡し、ひとりを保護したが、爆弾犯ボマーの割り出しは困難を極める。

リードはキャットを手掛かりにしようと、依頼人を装い接触を試みたのだった。

「クリミナル・マインド」シーズン11が無料で見放題のところは!?

無料無料 有料有料 未配信未配信

 シーズン1シーズン2シーズン3シーズン4シーズン5シーズン6シーズン7シーズン8シーズン9シーズン10シーズン11シーズン12シーズン13
Hulu
Netflix
U-NEXT
dTV
ビデオパス(TELASA)
FOD
Amazon
YouTube
は見放題!

はポイント or 課金

は未配信

クリミナル・マインド シーズン11を無料視聴できるオススメ動画配信サービスはAmazonプライム
amazon1
amazon2
amazon3
amazon4
amazon
月額料金:500円(税込)
形式:見放題&都度課金
無料期間:30日間
英語字幕[CC]:不可
クリミナル・マインドをシーズン1~シーズン12までAmazonプライム・ビデオで無料見放題で視聴できます。

Huluでも見放題となっていますが、無料トライアル期間が短いため、クリミナル・マインドを視聴するのに一番オススメなのがAmazonプライムということになります。

Amazonプライムには、クリミナル・マインドと同じFBIを題材にした作品も多数あります。

アブセンシア~FBIの疑心~
FBI捜査官が自らに起きた「消えた6年間」事件の真相に迫るクライムサスペンス!

コバート・アフェア
シーズン1では、若いCIA訓練生のアニー・ウォーカー(パイパー・ペラーボ)が、突然現場諜報員に昇進となり、ベールに覆われたCIAで奮闘する姿を描いています。

倒壊する巨塔-アルカイダと「9.11」への道
「9.11」を題材にした作品群とは一線を画し、テロに至るまでの経緯や、FBIとCIA との間にある確執を重層的に描き出しています。

トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン
最前線に駆り出されたライアンがCIAエージェントとして覚醒していく姿が必見です!恋人にCIA所属を明かせず悩むなど、等身大の人間としての魅力も…。

また、オジリナル制作のドラマや、他では見られない独占配信のクオリティの高い作品も豊富です。しかも、月額500円とコスパ最強です!

年間プランだと月額が約409円という破格の値段設定!また、Amazonプライムビデオは動画が楽しめるだけではなく、お急ぎ便無料、Amazon Prime Music(200万曲聴き放題♪)も利用可能です。

特に見たい作品が決まっていないのなら、実際に利用した方が間違いありません。

Huluでもクリミナル・マインド シーズン11を見放題で無料視聴できます。
hulu1
hulu2
hulu3
hulu4
hulu5
hulu
月額料金:933円(税抜)
形式:見放題
無料期間:2週間
英語字幕[CC]:可能
クリミナル・マインド シーズン1~13まで「hulu」で2週間無料見放題です!

Huluにも、クリミナル・マインドと同じFBIを題材にした作品が多数あります。

ホワイトカラー
天才詐欺師ニール・キャフリー vs 天才FBI捜査官ピーター・バーク。敵同士だった関係からまさかの最強コンビになっていきます。

GONE/ゴーン
全米を震撼させた少女誘拐事件の被害者であるキット・ラニガン(通称キック)がFBIの捜査員に!

BONES (ボーンズ) 骨は語る
有能な女性法人類学者とタフなFBI捜査官がコンビを組んで、“骨のカケラ”から、頭脳と最新技術を駆使して難解な事件を暴いていく新感覚クライム・サスペンス!

ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル
数学であらゆる謎を解き明かす!FBI捜査官と天才数学者の兄弟が難事件に挑む、1話完結の知的クライムサスペンス!

Huluの登録方法Huluの解約方法はこちらより確認できます♪

クリミナル・マインド シーズン11 第11話の感想・ネタバレ

この記事にはネタバレが含みます。前回のエピソードの感想はコチラから。

クリミナル・マインド シーズン11 第11話「エントロピー」




殺し屋キャット

ネットで殺人を請け負う殺し屋ネットワークの一人、キャットと依頼人を装うリードの紳経をすり減らす駆け引き!

お互い2重、3重のバックアップを持ちながら対峙する場面は見どころ。

リードはある女性と会うためにレストランへ行く。待ち合わせの目印は赤いバラ、そしてやってきた「キャット」と名乗る女性。

リードはキャットと名乗る女性に、「私は結婚して4年の既婚者で子供が生まれる予定」だと自己紹介、そして自分の妻の殺害を依頼する。

しかし、殺し屋ネットワークの殺し屋キャットは、リードの結婚指輪に傷一つない様子を確認し、すぐに嘘だと見破られる。

待ち合わせ場所のレストランには、ホッチを除く全員が客を装って張り込みをしている。

が、次々とキャットに見破られていく所は一筋縄では行かない犯人たちの素顔をかいま見せています。

テーブルの下でリードに銃を突きつけながら、キャットはリードから銃を取り上げると、カウンターに客を装って座っていたJ・Jに席を外させ、「ゲームがしたい」と言い出し、リードから取り上げた携帯電話で30分のタイマーをセットする。

そして「全ての質問に答えて。30分間であたなの勝ちなら私に手錠をかけさせてあげる。私が勝ったら逃走するから紳士らしく店の外までエスコートして」とゲームの開始宣言をする。

ゲームの開始 リード vs キャット

リードはキャットからゲーム要望に応じ、質問の捜査のついて話し出す。

ゲームすべてをコントロールしようとするキャットと、それを阻止するリードの2重、3重の心理的攻防戦が繰り広げられる。

ゲームが終了に近づき、勝負は決まったかに見えたが、キャットがゲームで時間稼ぎする理由は他にあり、予想外の展開にリードは直面する。

そしてアラームが鳴り、ゲームは終了。

しかし、キャットは脱出プランに捜査官の退去を要求するキャットはボマーを呼んでいた。

以上、クリミナル・マインド シーズン11 第11話の感想・ネタバレでした。シーズン11 第12話につづく




クリミナル・マインド シーズン11 第11話の情報まとめ

シーズン11 第11話で使われた曲(挿入歌)

None


シーズン11 第11話の監督とキャスト一覧

監督:Heather Cappiello

Cast 役者 役名
Joe Mantegna Joe Mantegna(ジョー・マンテーニャ) David Rossi(デヴィッド・ロッシ)
Thomas Gibson Thomas Gibson(トーマス・ギブソン) Aaron Hotchner(アーロン・ホッチナー)
Shemar Moore Shemar Moore(シェマー・ムーア) Derek Morgan(デレク・モーガン)
Matthew Gray Gubler Matthew Gray Gubler(マシュー・グレイ・ギュブラー) Dr. Spencer Reid(スペンサー・リード博士)
AJクック A.J. Cook(AJクック) Jennifer Jareau(ジェニファー・ジャロー)
Kirsten Vangsness Kirsten Vangsness(カーステン・ヴァングスネス) Penelope Garcia(ペネロープ・ガルシア)
Aisha Tyler Aisha Tyler(アイシャ・タイラー) Dr. Tara Lewis(タラ・ルイス博士)
Aubrey Plaza Aubrey Plaza(オーブリー・プラザ) Cat Adams(キャット・アダムス)
Rochelle Aytes Rochelle Aytes(ロシェル・アエテス) Savannah Hayes(サバンナ・ヘイズ)
Erich Riegelmann Erich Riegelmann(エーリッヒ・リーゲルマン) Barry Winslow(バリー・ウィンスロー(スノーマン))
V.J. Foster V.J. Foster(V・J・フォスター) Daniel Adams(ダニエル・アダムス)
Victor J. Ho Victor J. Ho(ビクター・J・ホウ) The Chemist(バリー・プライマン(ケミスト))
Pete Freeland Pete Freeland(ピート・フリーランド) Lawyer(弁護士)
Kai Stein Kai Stein(カイ・ステイン) Little Boy(ブランコの少年)
Finn Carr Finn Carr(フィン・カー) Young Spencer Reid(少年時代のスペンサー・リード)
Tom Everett Tom Everett(トム・エヴェレット・スコット) NSA Director Brian Cochran(ブライアン・コクランNSA長官)
Julia Kuzina Julia Kuzina(ジュリア・クジナ) Girl with phone(電話を持つ少女)
Mark Semos Mark Semos(マーク・セモス) The Sniper(狙撃兵)




シーズン11 第11話の格言

”エントロピーは大きくなり続ける。それは宇宙の法則。故にエントロピーと闘い続ける、それが人間の法則だ”
-ヴァーツラフ・ハヴェル (チェコ共和国初代大統領・劇作家)

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン11の動画情報

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B07RP7TRZV” title=”クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン11 コンパクト BOX [DVD]” search=”クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン11 DVD”]

クリミナル・マインドカテゴリの最新記事