公開日: 更新日:

クリミナル・マインド シーズン11 第2話の感想・ネタバレ

クリミナル・マインド シーズン11 第2話の感想・ネタバレ

クリミナル・マインド シーズン11 第2話のあらすじ・感想・ネタバレや、使われた曲(挿入歌)、キャスト、格言などについて書いています。

クリミナル・マインド シーズン11 第2話のあらすじ
邦題:目撃者 原題:The Witness

ロサンゼルスで通勤バスにサリンの時限発生装置が仕掛けられ、10人が死亡する。

バスの発着所で不審な行動を取っていた会社員チャーリーに疑いが掛かる。

犯人にサリンを供給したのは会社をクビになった化学者ガイトマンと分かるが、間もなく、とある山荘で彼は遺体となって発見される。

そしてその現場近くでチャーリーの姿が確認されていた。

ロッシは、隠し事をしている様子のチャーリーを調査するようガルシアに命じ…。

「クリミナル・マインド」シーズン11が無料で見放題のところは!?

無料無料 有料有料 未配信未配信

 シーズン1シーズン2シーズン3シーズン4シーズン5シーズン6シーズン7シーズン8シーズン9シーズン10シーズン11シーズン12シーズン13
Hulu
Netflix
U-NEXT
dTV
ビデオパス(TELASA)
FOD
Amazon
YouTube
は見放題!

はポイント or 課金

は未配信

クリミナル・マインド シーズン11を無料視聴できるオススメ動画配信サービスはAmazonプライム
amazon1
amazon2
amazon3
amazon4
amazon
月額料金:500円(税込)
形式:見放題&都度課金
無料期間:30日間
英語字幕[CC]:不可
クリミナル・マインドをシーズン1~シーズン12までAmazonプライム・ビデオで無料見放題で視聴できます。

Huluでも見放題となっていますが、無料トライアル期間が短いため、クリミナル・マインドを視聴するのに一番オススメなのがAmazonプライムということになります。

Amazonプライムには、クリミナル・マインドと同じFBIを題材にした作品も多数あります。

アブセンシア~FBIの疑心~
FBI捜査官が自らに起きた「消えた6年間」事件の真相に迫るクライムサスペンス!

コバート・アフェア
シーズン1では、若いCIA訓練生のアニー・ウォーカー(パイパー・ペラーボ)が、突然現場諜報員に昇進となり、ベールに覆われたCIAで奮闘する姿を描いています。

倒壊する巨塔-アルカイダと「9.11」への道
「9.11」を題材にした作品群とは一線を画し、テロに至るまでの経緯や、FBIとCIA との間にある確執を重層的に描き出しています。

トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン
最前線に駆り出されたライアンがCIAエージェントとして覚醒していく姿が必見です!恋人にCIA所属を明かせず悩むなど、等身大の人間としての魅力も…。

また、オジリナル制作のドラマや、他では見られない独占配信のクオリティの高い作品も豊富です。しかも、月額500円とコスパ最強です!

年間プランだと月額が約409円という破格の値段設定!また、Amazonプライムビデオは動画が楽しめるだけではなく、お急ぎ便無料、Amazon Prime Music(200万曲聴き放題♪)も利用可能です。

特に見たい作品が決まっていないのなら、実際に利用した方が間違いありません。

Huluでもクリミナル・マインド シーズン11を見放題で無料視聴できます。
hulu1
hulu2
hulu3
hulu4
hulu5
hulu
月額料金:933円(税抜)
形式:見放題
無料期間:2週間
英語字幕[CC]:可能
クリミナル・マインド シーズン1~13まで「hulu」で2週間無料見放題です!

Huluにも、クリミナル・マインドと同じFBIを題材にした作品が多数あります。

ホワイトカラー
天才詐欺師ニール・キャフリー vs 天才FBI捜査官ピーター・バーク。敵同士だった関係からまさかの最強コンビになっていきます。

GONE/ゴーン
全米を震撼させた少女誘拐事件の被害者であるキット・ラニガン(通称キック)がFBIの捜査員に!

BONES (ボーンズ) 骨は語る
有能な女性法人類学者とタフなFBI捜査官がコンビを組んで、“骨のカケラ”から、頭脳と最新技術を駆使して難解な事件を暴いていく新感覚クライム・サスペンス!

ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル
数学であらゆる謎を解き明かす!FBI捜査官と天才数学者の兄弟が難事件に挑む、1話完結の知的クライムサスペンス!

Huluの登録方法Huluの解約方法はこちらより確認できます♪

クリミナル・マインド シーズン11 第2話の感想・ネタバレ

この記事にはネタバレが含みます。前回のエピソードの感想はコチラから。

クリミナル・マインド シーズン11 第2話「目撃者」




ロサンゼルスの通勤バスに神経ガス「サリン」

ロサンゼルスの通勤バスに神経ガス「サリン」の発生装置が仕掛けられ大きな被害が出た、死者は10名にも。

揮発性のサリンは1人を狙うのには適していない。よって大勢の人々を巻き込んだテロの可能性が高い。

路上監視カメラに写っていた、サリンが発散される直前の停留所の近くで車を降りたが数分後に戻ってくる挙動不審な男が容疑者(チャーリー・セネラク)が挙がったが、彼はサリンとは関係なく別件に巻き込まれていた。

妻の浮気相手を追い詰め殺してしまったのだ、遺体を埋めた現場を誰かが見ていた。

彼は監視されていたのだ、翌朝いつものバスに乗らず出社。

ニュースで初めて知ったサリン事件、その直後、彼のPCに驚きのメッセージが・・・。

その頃、勤務中にネットギャンブルをしていて製薬会社をクビになった化学者のヨハン・ガイトマンが浮上していた。

ガイトマンを解雇した製薬会社は1950年代にサリンを軍に納品していて、廃棄命令を無視して保管していたのかもしれない。、製薬会社が廃棄したはずのサリンを隠し持ちガイトマンがそれを盗み出したのかも・・・。

それを買い取った犯人が口封じに殺害したとするならば、犯人はまだ大量にサリンを持っているだろう。

メンバーの会話の中で、日本のオウム真理教「地下鉄サリン事件」が取り上げられ 現在、主犯格の教祖が廃人同様になって刑務所に居るなど現実味も加味した内容に。

プロファイルの発表 犯人は犯罪に慣れた30代後半~40代

支局でプロファイルの発表、ガイトマンがテロ計画自体に加わっていたかはわからないが

時限装置とサリンを使用して犯行を行ったことから、犯人はおそらく犯罪に慣れた30代後半~40代。

今回のテロが小規模なのは共犯者とのトラブルで一部しか実行できなかったからかもしれない。

あるいは1950年代の精製から時間が経っているサリンなのでテストを行い、今後大規模テロを計画している可能性もある。

さらに大胆になる犯人を止めるために公共交通機関のパトロールの強化を!と呼びかけた。

容疑者チャーリー役を演じているのは「メンタリスト」で人気のキンブル・チョウ役のティム・カン。

以上、クリミナル・マインド シーズン11 第2話の感想・ネタバレでした。シーズン11 第3話につづく




クリミナル・マインド シーズン11 第2話の情報まとめ

シーズン11 第2話で使われた曲(挿入歌)

クリミナル・マインド シーズン11 第2話の中で使われた曲♪


Here We Go – Drew Holcomb & The Neighbors

アーティスト: ドリュー・ホルコム
アルバム: Medicine
リリース: 2015年

シーズン11 第2話の監督とキャスト一覧

監督:John Terlesky

Cast 役者 役名
Joe Mantegna Joe Mantegna(ジョー・マンテーニャ) David Rossi(デヴィッド・ロッシ)
Thomas Gibson Thomas Gibson(トーマス・ギブソン) Aaron Hotchner(アーロン・ホッチナー)
Shemar Moore Shemar Moore(シェマー・ムーア) Derek Morgan(デレク・モーガン)
Matthew Gray Gubler Matthew Gray Gubler(マシュー・グレイ・ギュブラー) Dr. Spencer Reid(スペンサー・リード博士)
AJクック A.J. Cook(AJクック) Jennifer Jareau(ジェニファー・ジャロー)
Kirsten Vangsness Kirsten Vangsness(カーステン・ヴァングスネス) Penelope Garcia(ペネロープ・ガルシア)
Tim Kang Tim Kang(ティム・カン) Charlie Senarak(チャーリー・セネラク)
Marisol Nichols Marisol Nichols(マリソル・ニコルズ) Agent Natalie Colfax(ナタリー・コルファックス捜査官)
Samantha Sloyan Samantha Sloyan(サマンサ・スローヤン) Tracy Senarak(トレイシー・セネラク)
Aisha Tyler Aisha Tyler(アイシャ・タイラー) Dr. Tara Lewis(タラ・ルイス博士)
Delpaneaux Wills Delpaneaux Wills(デルパノー・ウィルズ) Agent Darryl Young(ダリル・ヤング捜査官)
Stephen Kilcullen(スティーヴン・キルカレン) Mitchell Crossford(ミッチェル・クロフォード)
Cuyle Carvin Cuyle Carvin(カイル・カルバン) Theo Koutronis (テオ・カトラナス)
Melody Peng Melody Peng(メロディー・ペン) Leanne Bookout(リーン・ブックアウト)
Heath McGough Heath McGough(ヒース・マックガフ) Counter Employee(チャーリーに荷物を渡したカウンター従業員)
Saylor Bell Saylor Bell(セイラー・ベル) Jolene Senarak(ジョリーン・セネラク)
Albert P. Santos Albert P. Santos(アルバートP.・サントス) Businessman(バスで被害者を助けようとしたビジネスマン)
Mark Semos Mark Semos(マーク・セモス) Federal Protective Service Leader(FPSリーダー)
Mark Allyn Mark Allyn(マーク・オーリン) FBI Agent(ハウザー捜査官)
Bruce M. Stockert(ブルース・M・ストッカート) Man on Bench(ベンチの男)




シーズン11 第2話の格言

”決断の瞬間瞬間が運命を形作る”
-トニー・ロビンズ (アメリカの自己啓発作家)

”この世の出来事は、予期せぬ時に突然起こる。人は自分を支配していると感じたいのだが、支配できる時と、出来ない時がある。我々は偶然の力には抗えないのだ”
-ポール・オースター (アメリカの作家)

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン11の動画情報

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B07RP7TRZV” title=”クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン11 コンパクト BOX [DVD]” search=”クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン11 DVD”]

クリミナル・マインドカテゴリの最新記事