公開日: 更新日:

クリミナル・マインド シーズン11 第3話の感想・ネタバレ

クリミナル・マインド シーズン11 第3話の感想・ネタバレ

クリミナル・マインド シーズン11 第3話のあらすじ・感想・ネタバレや、使われた曲(挿入歌)、キャスト、格言などについて書いています。

クリミナル・マインド シーズン11 第3話のあらすじ
邦題:死がふたりを分かつまで 原題:Til Death Do Us Part

人気ウェディングスポットとして有名なジョージア州サバンナで、結婚目前の女性がバチェラーパーティーの夜に失踪し殺される事件が2件発生。

さらに3人目の被害者が出ると、BAUは恋愛関係に失敗して精神を病む大柄な女性が犯人だとプロファイリングする。

捜査線上に浮かんだのはフラワーショップで働くデイナ。

彼女は中学時代にひと夏付き合ったライアンが同じ店で働きだしてから、彼と結婚する妄想を膨らませていた……。

「クリミナル・マインド」シーズン11が無料で見放題のところは!?

無料無料 有料有料 未配信未配信

 シーズン1シーズン2シーズン3シーズン4シーズン5シーズン6シーズン7シーズン8シーズン9シーズン10シーズン11シーズン12シーズン13
Hulu
Netflix
U-NEXT
dTV
ビデオパス(TELASA)
FOD
Amazon
YouTube
は見放題!

はポイント or 課金

は未配信

クリミナル・マインド シーズン11を無料視聴できるオススメ動画配信サービスはAmazonプライム
amazon1
amazon2
amazon3
amazon4
amazon
月額料金:500円(税込)
形式:見放題&都度課金
無料期間:30日間
英語字幕[CC]:不可
クリミナル・マインドをシーズン1~シーズン12までAmazonプライム・ビデオで無料見放題で視聴できます。

Huluでも見放題となっていますが、無料トライアル期間が短いため、クリミナル・マインドを視聴するのに一番オススメなのがAmazonプライムということになります。

Amazonプライムには、クリミナル・マインドと同じFBIを題材にした作品も多数あります。

アブセンシア~FBIの疑心~
FBI捜査官が自らに起きた「消えた6年間」事件の真相に迫るクライムサスペンス!

コバート・アフェア
シーズン1では、若いCIA訓練生のアニー・ウォーカー(パイパー・ペラーボ)が、突然現場諜報員に昇進となり、ベールに覆われたCIAで奮闘する姿を描いています。

倒壊する巨塔-アルカイダと「9.11」への道
「9.11」を題材にした作品群とは一線を画し、テロに至るまでの経緯や、FBIとCIA との間にある確執を重層的に描き出しています。

トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン
最前線に駆り出されたライアンがCIAエージェントとして覚醒していく姿が必見です!恋人にCIA所属を明かせず悩むなど、等身大の人間としての魅力も…。

また、オジリナル制作のドラマや、他では見られない独占配信のクオリティの高い作品も豊富です。しかも、月額500円とコスパ最強です!

年間プランだと月額が約409円という破格の値段設定!また、Amazonプライムビデオは動画が楽しめるだけではなく、お急ぎ便無料、Amazon Prime Music(200万曲聴き放題♪)も利用可能です。

特に見たい作品が決まっていないのなら、実際に利用した方が間違いありません。

Huluでもクリミナル・マインド シーズン11を見放題で無料視聴できます。
hulu1
hulu2
hulu3
hulu4
hulu5
hulu
月額料金:933円(税抜)
形式:見放題
無料期間:2週間
英語字幕[CC]:可能
クリミナル・マインド シーズン1~13まで「hulu」で2週間無料見放題です!

Huluにも、クリミナル・マインドと同じFBIを題材にした作品が多数あります。

ホワイトカラー
天才詐欺師ニール・キャフリー vs 天才FBI捜査官ピーター・バーク。敵同士だった関係からまさかの最強コンビになっていきます。

GONE/ゴーン
全米を震撼させた少女誘拐事件の被害者であるキット・ラニガン(通称キック)がFBIの捜査員に!

BONES (ボーンズ) 骨は語る
有能な女性法人類学者とタフなFBI捜査官がコンビを組んで、“骨のカケラ”から、頭脳と最新技術を駆使して難解な事件を暴いていく新感覚クライム・サスペンス!

ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル
数学であらゆる謎を解き明かす!FBI捜査官と天才数学者の兄弟が難事件に挑む、1話完結の知的クライムサスペンス!

Huluの登録方法Huluの解約方法はこちらより確認できます♪

クリミナル・マインド シーズン11 第3話の感想・ネタバレ

この記事にはネタバレが含みます。前回のエピソードの感想はコチラから。

クリミナル・マインド シーズン11 第3話「死が二人を分かつまで」




事件現場はジョージア州、アメリカ南東部(サバンナ)

事件現場はジョージア州、アメリカ南東部でサバンナは古都で人気の結婚式スポット。

結婚を控えた花嫁と友人の花屋さんでの会話がオープニングシーン。

3ヶ月前に起こった結婚式前日に花嫁ブランディー・グリーンが殺害された。

ゴミ箱に捨てられていたアシュリー・ウィルコックスの事件と同じ様に顔に「まもなく花嫁」と書かれたタスキが巻かれた遺体が発見され、同一犯の可能性ありでBAU のメンバーが現地にに飛ぶ事に。

ブランディは後頭部を鈍器で殴打され、アシュリーはタスキでの絞殺が死因だ。幸せの絶頂にいる女性を狙う犯人は一体何者なのだろう。

サバンナに向かう機中で新たな事件発生の一報が、バチェラーパーティーの最中、花嫁のマディソン・ミルズが行方不明に。

警察署でプロファイルの発表

犯人は20代後半~30代前半の白人女性で、被害者を抱えてゴミ箱に遺棄していることから大柄な女性で力が強い。

しかし、見た目で被害者に警戒心を抱かれるタイプの人間ではない。

被害者は事件の前に犯人と接触しているからブライダル関係者の可能性がある。

この犯人は、自己評価が低く、自分が恋愛に挫折しているために幸せの絶頂にいる花嫁たちを恨んでいる。

願いを叶えた花嫁に嫉妬している可能性がある。

しかし、ブライダル関係者への聞き込みでは、このプロファイルに合致するような花嫁はおらず、業者自体に網を広げる。

自分の恋愛が上手くいっていないことで鬱状態になり精神疾患を招いているの可能性も指摘された。

3人の被害者に共通した問題、係る人たちを手始めに捜査開始をするホッチナー他BAU のメンバーは精神を病み、実の妹に全てを取り上げられた姉が妹の彼との妄想の世界に生きている事を掴んだ。

以上、クリミナル・マインド シーズン11 第3話の感想・ネタバレでした。シーズン11 第4話につづく




クリミナル・マインド シーズン11 第3話の情報まとめ

シーズン11 第3話で使われた曲(挿入歌)

クリミナル・マインド シーズン11 第3話の中で使われた曲♪


I’m Gone, Mama – Jim Murphy & The Accents

アーティスト: Jim Murphy & The Accents
アルバム: Tallulah (Original Motion Picture Soundtrack)
リリース: 2016年

シーズン11 第3話の監督とキャスト一覧

監督:ジョー・マンテーニャ

Cast 役者 役名
Joe Mantegna Joe Mantegna(ジョー・マンテーニャ) David Rossi(デヴィッド・ロッシ)
Thomas Gibson Thomas Gibson(トーマス・ギブソン) Aaron Hotchner(アーロン・ホッチナー)
Shemar Moore Shemar Moore(シェマー・ムーア) Derek Morgan(デレク・モーガン)
Matthew Gray Gubler Matthew Gray Gubler(マシュー・グレイ・ギュブラー) Dr. Spencer Reid(スペンサー・リード博士)
AJクック A.J. Cook(AJクック) Jennifer Jareau(ジェニファー・ジャロー)
Kirsten Vangsness Kirsten Vangsness(カーステン・ヴァングスネス) Penelope Garcia(ペネロープ・ガルシア)
Aisha Tyler Aisha Tyler(アイシャ・タイラー) Dr. Tara Lewis(タラ・ルイス博士)
Ashley Fink Ashley Fink(アシュリー・フィンク) Dana Seavers(デイナ・シーヴァース)
David Paetkau David Paetkau(デイビット・パエットカウ) Ryan Becker(ライアン・ベッカー)
Laura Breckenridge Laura Breckenridge(ローラ・ブリッケンリッジ) Nicole Seavers(ニコール・シーヴァース)
Michael Irvin Michael Irvin(マイケル・アーヴィン) Michael Irvin(マイケル・アーヴィン)
Derek Morgan Derek Morgan(デレク・モーガン) Captain Beau Hallendale(ボー・ハランデール警察署長)
Aaron Gaffey Aaron Gaffey(アーロン・ガッフィー) Karl Ulrich (カール・ウルリッヒ)
Sheila Cutchlow Sheila Cutchlow(シェイラ・カッチュロウ) M.E. Juliette Raynard(ジュリエット・レイナード監察医)
Lily Berlina Lily Berlina(リリー・ベルリナ) Madison Mills(マディソン・ミルズ)
Andrea Bordeaux Andrea Bordeaux(アンドレア・ボルドー) Kelly Goodwin(ケリー・グッドウィン)
Maxie Santillan Jr.(マキシー・サンティラン,Jr) Homeless Man(ホームレスの男)
Erich 'Mancow' Muller Erich ‘Mancow’ Muller(マンコー・ミュラー) DJ
Brooke Coleman Brooke Coleman(ブルック・コールマン) Brandy Greene(ブランディー・グリーン)
Punnavith Koy Punnavith Koy(プナビス・コイ) Detective(警察官)
Jamie Owen Jamie Owen(ジェイミー・オーウェン) Ashley Wilcox(アシュリー・ウィルコックス)




シーズン11 第3話の格言

”人は愛の行方を決められない。愛が人の価値を見定め、その人の行末を決めるのだ”
-カリール・ジブラン (レバノン出身の詩人・画家・彫刻家)

”何が起ころうと真実と向き合いたい。どん底の悲しみも感じたい。愛を知らずに終わるより、愛に敗れる方が幸せなのだ”
-アルフレッド・テニスン男爵 (ヴィクトリア朝時代のイギリスの詩人)

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン11の動画情報

クリミナル・マインドカテゴリの最新記事