公開日:

知らなくていいコト 主人公の真壁ケイト(吉高由里子)の父親はキアヌリーブス!?【動画】

知らなくていいコト 主人公の真壁ケイト(吉高由里子)の父親はキアヌリーブス!?【動画】

「知らなくていいコト」父親はキアヌリーブス!?

昨年放送された「わたし、定時で帰ります。」(TBS)以来、7カ月ぶりに吉高由里子がテレビに帰ってきた。今度は人気週刊誌の特集班記者・真壁ケイトという役どころ。ケイトなんて外国人みたいな名前、と思われるかもしれないがキアヌの子供なら納得…。

このドラマの設定がすごい!主人公・ケイトの母・杏南(秋吉久美子)は女手一つでケイトを育てて来た。杏南はドラマ開始早々死んでしまうのだが、病床でケイトにいままで言わなかった父親の名を明かす。

それが、ハリウッド俳優のキアヌ・リーブスというから驚きだ(日テレはキアヌの許可を取ってるのか気になる)笑。ちなみにキアヌは1964年生まれの55歳。吉高由里子は1988年生まれの31歳。2人の年の差24…ということは、キアヌが吉高由里子の父親という設定でもおかしくはないですね。

主人公の真壁ケイト(吉高由里子)の父親は本当にキアヌリーブス!?

「週刊イースト」の特集班記者・真壁ケイト(吉高由里子)はある日、同居する母(秋吉久美子)が危篤に…病床で母はケイトの父親がキアヌ・リーブスだというのだが!?

主人公の真壁ケイト役は、吉高由里子さんです。

子供の頃から、シングルマザーの母親(秋吉久美子)と2人で生活してきました。

父親の名前は、ケイトにも明かしていませんでした。

一流週刊誌「週刊イースト」で特集班記者としてバリバリ働く真壁ケイト(吉高由里子)。ある日、同居している母・杏南(秋吉久美子)が倒れてしまった。病院にかけつけるケイトに母は、意識混濁する中で告白「父親はハリウッド俳優のキアヌ・リーブスだ」と言ったまま、あっさり亡くなってしまった。

映画翻訳を生業にしていた母だけに、あながちウソとも言えない!?さらに、母の書斎から若き日の母とキアヌのツーショット写真が出てきてしまった。

キアヌリーブスの出演はある?

キアヌリーブスの出演はあるのでしょうか!

キアヌリーブスは親日家としても有名で、お忍びで来日することも多々あるようです。

また、2019年9月10日に、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた主演作「ジョン・ウィック パラベラム」のジャパンプレミアに出席していますので、十分に出演もありえますね!

吉高由里子さん、キアヌリーブスについて言及動画

すでにミヤネ屋の番宣で「知らなくていいコト」主演の吉高由里子さんが、キアヌリーブスについて言及しています♪

ドラマ情報カテゴリの最新記事