公開日: 更新日:

海外ドラマ「SUITS/スーツ シーズン5の第15~16話」の感想・ネタバレ・あらすじ

海外ドラマ「SUITS/スーツ シーズン5の第15~16話」の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン5 第15話「決断のとき」

SUITS/スーツ シーズン5 第15話「決断のとき」の感想・ネタバレ

SUITS/スーツ シーズン5 第15話「決断のとき」感想・ネタバレ

裁判の後半は、マイクが弁護人として法廷に立つ事に。

異議を唱えるギブスに対して、初日から弁護人席に座り個人ではなくピアソン・スペクター・リット事務所が代理人で自分はその事務所の弁護士であると主張し、認められて弁護人に、最初の証人はマイクが冤罪を晴らした、クリフォードの母親グロリアでした。

息子のクリフォードは冤罪で刑務所に入った為、無罪であったにも関わらずろくな仕事につけず、ダイナーで深夜の勤務をしていて強盗に会い撃たれて死亡、でもマイクの為に証言しに来たと述べるのでした。

反対尋問でギブスはグロリアにマイク・ロスは偽弁護士なんですとだけ言って席に下がろうとする彼女の背中に向かって、資格なんてどうでもいい、息子の為尽くしてくれたのはマイクだけだったと言うのでした。

最終弁論の原稿はなかなか思うように書けなく何度も、何度も書き直すマイクです。

翌日、いよいよ最終弁論です!原稿を読もうとしたマイクですが、すぐに原稿を仕舞い自分の口で語り始めました。

罪を認め、もしこの裁判で勝ったなら困っている人を助ける為に働く弁護士になりたいと締めくくるのでした。

ギブスの最終弁論もかなり説得力のある訴えで、どちらが勝訴するか予測が難しい状況です。

評決を待つ間、マイクは席を立とうとしません、皆がいったん退席した後、マイクの見ている前で、弁護士に見捨てられた被告が検事に不当な取引を強いられていました。

マイクはじっとしていられなく、その人の弁護を引き受け、自分達の事だけでも精一杯、心配で胸が張り裂けそうだと言うレイチェルをなだめ、二人で弁護の手伝いをす
るのでした。 

その頃ルイスはギブスの部屋で取引をしようとしていました、ハーヴィーを売る事です、証拠がなければダメと言われ事務所へ戻りハーヴィーと激しい責任の応酬です。

ルイスはジェシカにも責任は皆にあると言われ引き下がります。

翌朝、マイクは昨日、弁護した被害者の件で呼び出され、仲間を裏切り無罪になろうとする被害者の言葉がマイクにある決断をさせます。

SUITS/スーツ シーズン5 第15話「決断のとき」のあらすじ

法廷で弁護人として自らを弁護するマイク。かつて息子の冤罪を証明するべく親身になってくれたマイクのために、母親のグロリアが証言台に立つ。だが、ギブスの正論を聞いたマイクは、最終弁論で自分が才能を無駄にし、「サギ師」であることを認めて改心すると誓うのだった。評決を待つマイクは、不当に重い罪を科せられそうになっている男性を偶然目にし、弁護をすると申し出る。ハーヴィーはジェシカの命令で、審理無効にしようと奔走するが…。




SUITS/スーツ シーズン5 第16話「72時間」(最終回)

SUITS/スーツ シーズン5 第16話「72時間」(最終回)の感想・ネタバレ

SUITS/スーツ シーズン5 第16話「72時間」(最終回)感想・ネタバレ

ギブスとの取引に応じ2年間の服役を選択したマイクはその条件として、事務所関係者は全員罪に問わないと言う事でした。

ハーヴィーは、法廷にまだ来ていないマイクを不審に思い、ある考えが脳裏に浮かびました。急いで駆け出し検事局のギブスのもとへ、一足遅く、ギブスの部屋から出て来たマイクに出会う事に。

マイクが取引に応じたと理解したハーヴィーは必至に取引を撤回するよう説得しますが、マイクの気持ちは変わりません。裁判長は、72時間以内に刑務所へ出頭するよう命じます

レイチェルはマイクが約束を破り評決の結果を待たずに取引をした事で打ちひしがれるのでした。

怒りながら事務所に戻ったハーヴィーはドナを呼び陪審長の名前と住所を調べて欲しいと頼みます、どうしても評決の結果が知りたいハーヴィーです。

陪審長を訪ね評決を聞いて愕然とします、無罪だったのです。事務所に帰るとマイクが待っていました。

彼はレイチェルを説得するのに苦労してハーヴィーを頼って来たのです、ハーヴィーはマイクに嘘を言います。評決は有罪だったと。

マイクとレイチェルの気持ちが少しでも軽くなるよう嘘をついたのです。有罪だと7年は服役、取引で2年で済むのなら、判断は間違いなかったと、納得させたのです。

その反面ハーヴィーは何とかマイクを服役させるまいと躍起になっています。

何とか、ギブスが取引に乗ってくるリヴァティ鉄道案件を渡すため弁護士のエヴァンを訪ね案件を渡すよう頼むのでした。

一方、事務所の存続が危ぶまれてきたジェシカは何とかいげんを保ちながら頑張るのでした。

刑務所に入る前に結婚をしようと計画したレイチェルとマイクは当日、レイチェルの両親が出席してくれたにも関わらず、とても悲しげな表情しているので、マイクは言います。

二年後、レイチェルが晴れて弁護士になって、なおかつ自分で良いのでであれば結婚しようと言い残しハーヴィーに送られて刑務所へ向かいます。

SUITS/スーツ シーズン5 第16話「72時間」(最終回)のあらすじ

【シーズン5 最終話】 陪審員の評決を待たずに、マイクはギブスとの取引で自分が2年服役する代わりにジェシカやハーヴィーが免責になる道を選ぶ。マイクの意思は固く、服役を受け入れられないハーヴィーは陪審長を探し出して評決の結果を聞く。ルイスはロバートから引き抜きの誘いを受け、競業避止義務は回避できると言われカトリーナに方法を問いただす。一方、レイチェルは入所前に結婚しようと言い出し、ハーヴィーらはマイクとギブスの取引を無効にする方法を必死に探すが…。

SUITS/スーツ シーズン6につづく

SUITS/スーツ シーズン5 第15~16話の視聴者数は以下の通りです。日本をはじめ世界中で人気です。

話数 タイトル 米国放送日 視聴者数
(万人)
15 決断のとき 2016年2月24日 173
16 72時間 2016年3月2日 171

(Wikipediaより一部抜粋・転載)

huluオススメ動画・感想カテゴリの最新記事