公開日: 更新日:

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン6 第9話~10話の感想・ネタバレ・あらすじ

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン6 第9話~10話の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン6 第9話「最後の切り札」のあらすじ

SUITS/スーツ シーズン6 第9話「最後の切り札」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

マイクは出所の手続きが遅れている中で、ケイヒルがケヴィンとジルの全財産を奪おうとしていると知って抗議するが、ケイヒルは聞く耳を持たない。

一方、ハーヴィーはマイクを守るためギャロを仮釈放させようとしていた。それを知ったハーヴィーのかつての上司キャメロン・デニスが現われ、昔ギャロが殺人を認めたときの録音テープを審査委員会の審問で流すと言い出す。

ハーヴィーは審査委員会で偽証をするか選択を迫られるが……。

SUITS/スーツ シーズン6 第9話「最後の切り札」の感想・ネタバレ

シーズン6 第9話でルイスと一緒に泥風呂に行ったのは何と、ドナです。タラの事で悩み、落ち込んでいるルイスを励まそうとしたのでしょうが本当に気持ちが良くなってウトウトしているドナです。ルイスの打ち明け話も上の空みたいです。

すぐに釈放される予定のマイクにトラブルが、ケヴィンがマイクに言います。ケイヒルが自分たちの財産も凍結したとジルから連絡があったとの事。予想外の出来事にマイクはケイヒルを訴えると言い、ケイヒルはマイクに釈放は取り消しだと脅します。

ハーヴィーにはもう一仕事があります。ギャロの仮釈放の審問が始まります。その席では、ギャロの事を彼の弁護士として、彼は更生していると、心にもない事を偽証しなければなりません。

突然、彼の自宅に昔の上司、キャメロン・デニスが訪ねて来ます。彼はギャロ仮釈放の話を聞きつけ、ハーヴィーにあのような悪人は絶対、釈放すべきではないと止めに来たのです。

いよいよ宣誓して証言しなければならない日が来ました。ハーヴィーは偽証しなければマイクが命を狙われるのです。その時検事のキャメロン・デニスがマイクと共に現れ、マイクが証言したいと要望しギャロの悪行を話します。

ギャロの仮釈放は無くなります。マイクがキャメロンに頼みケヴィンの釈放とギャロについてマイクが証言することで、取引する事に。

一緒に出られるはずが、看守はケヴィンの事しか聞いてないと言いマイクは残されます。これはマイクの作戦でギャロを罠にかけたのです。

一方、レイチェルとジェシカはレナード・ベイリーの再審請求が出来る可能性が…。レイチェルが判例を見つけたのです。

裁判官が再審を認め、レナードを訴追した弁護士がジェシカに7年服役で出所という条件を出してきます、ジェシカは撥ねつけるのですが彼はジェシカに言います。あなたは、レナードに今の提案を伝えなければならない義務があると言い残し帰ります。

レナードに話すと、彼はレイチェルの闘うべきとの考えを聞き、自分も闘うと言います、ジェシカは負ける可能性もあると心配します、そうして彼女は裁判の前に合わせてあげたいと思いレナードの娘、マヤを見つけ出し会わせてあげます。

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [DVD]

ガブリエル・マクト, パトリック・J・アダムス, ジーナ・トーレス, リック・ホフマン, メーガン・マークル, サラ・ラファティー
3,810円(01/27 02:07時点)
Amazonの情報を掲載しています




SUITS/スーツ シーズン6 第10話「P.S.L」のあらすじ

SUITS/スーツ シーズン6 第10話「P.S.L」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

事務所の古くからの得意先であるジム・レイノルズの会社が、顧問契約を切ろうとしていることが判明。

出所したマイクは、事務所に戻って来いというハーヴィーの誘いをいったんは断わったものの、もう少し考えてほしいと頼まれて悩む。そんな中、事務所の古くからの得意先であるジム・レイノルズの会社が、顧問契約を切ろうとしていることが判明。

ハーヴィーはルイスとともにレナードの裁判で出廷中のジェシカに、ジムの会社の取締役会に出席してほしいと頼みに行くが、裁判は大詰めを迎えており……。

SUITS/スーツ シーズン6 第10話「P.S.L」の感想・ネタバレ

ハーヴィーはマイクと2人で出所祝いをしているシーンで始まるシーズン6 第10話「P.S.L」 タイトルのP.S.Lはピアソン・スペクター・リットの事みたいです。

マイクの復帰についてハーヴィーはコンサルタントとして自分と一緒に働いてほしいとオファーを出します。マイクは、皆んなに迷惑かけたしと言い即答を避けます。

ジェシカにマイクの件やサターを裏切った事を許してくれて感謝を伝えるハーヴィーに彼女はこれから、事務所の立て直しにかからねばと、事務所は存続の危機です。

ライバル事務所のロバート・ゼインがやって来て、ジェシカ達の大口顧客のジムが他の事務所を探していると教えに来てくれた サターを裏切ったと言う噂が広がって、顧客をどんどん失いかねない危機です。

ハーヴィーが、駆けつけますがサターの件で印象が悪く逆効果になります。

ジェシカはレナードの前の弁護士ケイシーを訪ね宣誓供述書を渡しサインを求め、その後、証言してもらう為に召喚状を送ったのです。裁判は段々確信に迫っていき、レナードも供述する事に、ジェシカはレナードの質問はレイチェルに任せる事に…。

その夜、レイチェルはマイクと話しをしてて、ある事に気づきました、唯一の証人マリアを被害者の父が施設に入れ、証言出来ないよう隠したのでは?

被害者の父を訪ね、反応を見たマイクとレイチェルは。自分達の仮説が正しいと確信してジェシカに報告します。間違っていたらレナードは負け、命が無くなる恐れが、気乗りのしないジェシカでしたが、一世一代の勝負に出て、見事レナードの無罪、釈放を勝ち取ったのです。

ジェシカはこの質問に立つ前、弁護士を目指しハーバードに行く事を父に話をしていた頃を回想し自分が弁護士を目指した原点を思い出していたのでした。傍聴に来ていたレイチェルの父ロバートには弁護士生活で一番、充実した瞬間だったと言います。

ロバートは、マイクやレイチェルにしてくれた事に感謝し、ビジネス抜きで手を差し伸べたいと言いますが、その時にはジェシカの気持ちは決まっていたのです、事務所を辞め、ハーヴィーとルイスに任せ、自分はジェフが望むなら一緒にシカゴに行く事を。

最後にとんでもないどんでん返しがありました。ストゥ・バジーニがジムの会社を買い筆頭株主に、これで事務所は一安心ルイスにも、大きな転換期が、元彼の子供を身ごもったタラを、ベビーも一緒に暮らそうとプロポーズするのでした。

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン6 第11話~12話の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン6 「1話~16話」の感想・ネタバレ・あらすじ

話数 タイトル 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 トラブルに乾杯 2016年7月13日 185
2 解放宣言 2016年7月20日 165
3 再起をかけて 2016年7月27日 178
4 秘策 2016年8月3日 181
5 勝ち得た信頼 2016年8月10日 151
6 夢と現実 2016年8月17日 168
7 揺さぶり 2016年8月24日 183
8 自由への切符 2016年8月31日 188
9 最後の切り札 2016年9月7日 187
10 P.S.L. 2016年9月14日 192
11 再出発 2017年1月25日 137
12 許しのアヒル 2017年2月1日 153
13 ジレンマ 2017年2月8日 128
14 裏取引 2017年2月15日 121
15 届かぬ理想 2017年2月22日 125
16 最強の味方 2017年3月1日 113

オススメ動画の感想カテゴリの最新記事