公開日: 更新日:

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン6 第11話~12話の感想・ネタバレ・あらすじ

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン6 第11話~12話の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン6 第11話「再出発」のあらすじ

SUITS/スーツ シーズン6 第11話「再出発」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

ジェシカが去った後の事務所にロバートが現われ、ハーヴィーとルイスに合併話を持ち掛ける。

事務所を助ける意図だったが、勘違いしたルイスは、ロバートへの攻撃を始める。レイチェルは父であるロバートから、卒業後は自分の事務所に来てほしいと言われ、法曹協会の適性審査に通るためにはその方が有利だと聞いて、心が揺れる。

一方、ハーヴィーの誘いを断わったマイクは職探しをするが、犯罪歴がのし掛かり……。

SUITS/スーツ シーズン6 第11話「再出発」の感想・ネタバレ

SUITS/スーツ シーズン6 第11話「再出発」の原題は”She’s Gone”でジェシカが去って行った事で起こる、さまざまな出来事。又、このエピソードの監督はマイク役のパトリックJ ・アダムスでこのシリーズ3本目のアシスタントデレクターです。

ハーヴィーがドナと一夜を過ごし、朝になってドナに秘書は続けられないと言われます、辞めるのか?と聞くとドナは言います。

辞めたのはジェシカで、もう居ないと言った瞬間、ハーヴィーは夢から覚めました。ドナとの事も夢でした。ジェシカが去った現実が受け入れないようです。

ジェシカのいない事務所で今後の対策を練っている、ハーヴィーとルイス、そこへロバート・ゼインが現れ合併の話をしますが二人共断ります。

一方、マイクはハーヴィーのオファーを断り職探しに奔走しますが、どこの記載書類も犯罪歴の欄で引っかかってしまいます。厳しい現実に直面するマイクです。

教会のウオーカー牧師を訪ね悩みを話すと、牧師は教会で教師をやらないかと言います。マイク教師の誕生です。何日もしない内マイクの犯罪歴が父兄に知られ辞めなければならなくなります。

ハーヴィーはマイクに内緒で何とか弁護士資格の審査を受けさせられないかジェラード教授やアニタ・ギブスにも頼むのですが、これが、逆効果、せっかくのハーヴィーの好意がマイクを怒らす事に、ジェシカが去り、マイクも去って行き家族だと思っていたのに、ハーヴィーはとても辛そうです。

最後のシーンではドナがハーヴィーに家族は一つではない、もう一つの家族を修復したらと言います。長年、母親と距離を置き許す事を考えなかったハーヴィーは、この一言に心が揺れ、複雑な心境の様です。ドナは、だてに何十年もハーヴィーの傍に居たんではありません。本人よりも良く彼を分っているのですから。

ルイスもロバート・ゼインの好意を無にして、彼の事務所からアソシエイトを引き抜いたり、上得意を取ろうとしたり、やりたい放題、どうなって行くのか、心配です。

Associate【アソシエイト】とは?
Partner 【パートナー】とAssociate【アソシエイト】とは、ハーヴィーの事務所内の役職は「パートナー」。これは出資者としての地位を有する弁護士であり、代表者と同等の権利を有する。マイクは「アソシエイト」で、雇用された若手弁護士のこと。
SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [DVD]

ガブリエル・マクト, パトリック・J・アダムス, ジーナ・トーレス, リック・ホフマン, メーガン・マークル, サラ・ラファティー
3,810円(01/23 16:57時点)
Amazonの情報を掲載しています




SUITS/スーツ シーズン6 第12話「許しのアヒル」のあらすじ

SUITS/スーツ シーズン6 第12話「許しのアヒル」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

ドナの助言で母リリーに会いに行くことにしたハーヴィーだったが、和解できる自信がない。

7年前、父親の葬儀のために実家に戻ったとき、浮気相手のボビーと付き合い続けているリリーに腹を立ててけんか別れをしてしまったからだ。リリーが勤める大学を訪ね、食事に誘うハーヴィーだったが……。

一方マイクは、正直に犯歴を自己申告したことと一流事務所での経験を買われて、オリヴァーのいる法律事務所に雇われることになる。

SUITS/スーツ シーズン6 第12話「許しのアヒル」の感想・ネタバレ

7年前、ハーヴィーが父の葬儀の為故郷へ帰る回想シーンと、現在、母を許し和解する為再び故郷の母や弟一家に会うため出発しようとしているハーヴィーの心をオーバーラップしています。

彼と母は何度もぶつかり合いながらも最後には良い関係になって帰って来ます。ドナには素直にありがとうと、ハーヴィーの心に空いた大きな穴が塞がったようです。

貧しく、困っている住民の為、法律相談所を経営しているネイサンが突然、マイクを訪ねてきて、雇いたいと言います、先日求職活動で訪ねた時、経歴などを正直に書いた事がネイサンの心を動かしたみたいです。

資格が無くても、一流の法律事務所での経験者を安いお給料で雇えるのは助かると、マイクは即答します。早速仕事に出たマイクは個室が当たり、相談所職員の上司として働く事に。

仕事はじめは住宅に関する訴訟で、相手の代理人は強敵で苦戦します、マイクは資格がないので肝心な場面で能力が発揮できないのがとても悔しくてなりません。法学生のマリッサは負け知らずの自信家、依頼人にも約束をします。

マイクは勝つ見込みがあっても約束をしない方がいい、保証が無いからと注意しますが逆襲されます。一流でやっていけない落ちこぼれと思われていたのです。

次の朝、マイクはみんなに自分がどんな人間か分ってもらいたいと言い、無資格な事や、自分の全てが書かれた書類を見せます。これでいいんだとマイクは自分に言い聞かせます。

一方、ルイスはハーヴィーにトップになる資格がないと罵倒され、面白くなくいたのですが、ドナに頼まれハーヴィーの顧客の面倒をみてあげるのでした。

ハーヴィーが帰ってきてルイスに有難うと言い、又、ひどい事を言ったことを謝ります。何とか仲直りして二人で事務所を引っ張って行こうと頷き合います。

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン6 第13話~14話の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン6 「1話~16話」の感想・ネタバレ・あらすじ

話数 タイトル 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 トラブルに乾杯 2016年7月13日 185
2 解放宣言 2016年7月20日 165
3 再起をかけて 2016年7月27日 178
4 秘策 2016年8月3日 181
5 勝ち得た信頼 2016年8月10日 151
6 夢と現実 2016年8月17日 168
7 揺さぶり 2016年8月24日 183
8 自由への切符 2016年8月31日 188
9 最後の切り札 2016年9月7日 187
10 P.S.L. 2016年9月14日 192
11 再出発 2017年1月25日 137
12 許しのアヒル 2017年2月1日 153
13 ジレンマ 2017年2月8日 128
14 裏取引 2017年2月15日 121
15 届かぬ理想 2017年2月22日 125
16 最強の味方 2017年3月1日 113

オススメ動画の感想カテゴリの最新記事