公開日: 更新日:

海外ドラマ「SUITS/スーツ シーズン7の第9~10話」の感想・ネタバレ・あらすじ

海外ドラマ「SUITS/スーツ シーズン7の第9~10話」の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン7 第9話「羞恥心」

SUITS/スーツ シーズン7 第9話「羞恥心」の感想・ネタバレ

SUITS/スーツ シーズン7 第9話「羞恥心」の感想・ネタバレ

シーラとの再会、彼女が婚約したと聞かされ、かなりショックなルイスですが、思いがけないお誘いに彼女に会いに行きます。翌朝、出勤した彼を社員が「シェイム、シェイム」の嵐… 実はルイスの心の中で羞恥心が引き起こした幻覚?

ロバートとレイチェル父娘が一緒に仕事をする事に、二人共、何よりロバートが嬉しそうな表情。人種差別に立ち向かう訴訟でロバートにとって特別の案件、相手のCEOは、ロバートの亡き妹を差別で苦しめ、彼女の人生を壊した張本人だったからだ。

当時ロバートはまだ若く、妹を助けてあげる事が出来なかったので、なおさら私情が入ってしまうのをレイチェルは心配します。初めて聞かされた25年前の出来事。父が抱えてきた闇、父娘の絆が尚一層深まったようです。

ハーヴィーとマイクも苦戦している様子です。裁判に限らず、人は誰しも過去において調べられると、何かしら後ろめたい事の一つや二つ出て来るのでは?
事実か事実で無いかは重要なようで重要ではない、裁判においてはかけ引きの長けた方が勝ち。

ハーヴィー達は相手の思考を探り合うゲームに勝つ事ができるかな?ドナにも召喚状が届きかなりピンチです。相手の検事マリク手を緩めません。グレッチエンが久々にルイスに”カツ”を、彼女の存在は大きくて温かい。見ていて気持ちがいいですね。

SUITS/スーツ シーズン7 第9話「羞恥心」のあらすじ

マイクは事務所をもり立てるため新しい案件を取ってくるが、ハーヴィーの過去が足を引っ張る。レイチェルは意外にも父親から一緒に組もうと誘われる。ルイスはブライアンを指導するが…。




SUITS/スーツ シーズン7 第10話「ドナ」

SUITS/スーツ シーズン7 第10話「ドナ」の感想・ネタバレ

SUITS/スーツ シーズン7 第10話「ドナ」の感想・ネタバレ

ポーラの感は冴えている、朝、出廷前のハーヴィーがいつもとは違うと言われる。今日の裁判はドナが関わっているから?ズバリ言い当てるのです。
ハーヴィー達の予想を裏切ってドナが証人席に呼ばれた、散々な結果でドナも深く傷つき怒り心頭です。

相手の検事、アンディ・マリクはかなりの策士、ゲームはまだまだ続きます。ルイスはドナのが頼んだにも拘らず模擬裁判を省き、彼女を守る事を怠った。そのせいでドナの人格まで否定されたのだ。決して許されない事ですが、ルイスがシーラとのことを正直に告白、ドナも許します。

ロバートとレイチェル父娘もかなり苦戦、妹の宿敵キトリッジの証言録取の席で、レイチェルの不安が的中、ロバートは私怨を抑える事が出来ずキレてしまう。反省する父に、直接対決には意義があった、今度は反撃する番、とレイチェルは言うのでした。

アレックスも孤軍奮闘、途中からルイスが加勢しますが、リプシッツ先生も作戦の巻き添えに?ルイスそれは暴走です。
ラストシーン、ドナとハーヴィーに何かが起きそうな気の持たせ方です。

SUITS/スーツ シーズン7 第10話「ドナ」のあらすじ

マイクとハーヴィーは思わぬ反撃を食らい、窮地に追い込まれる。一方、レイチェルは、父親が過去に縛られ判断を誤まるのではないかと、心配する。

「SUITS/スーツ シーズン7の第11~12話」の感想・ネタバレ・あらすじ

海外ドラマ「SUITS/スーツ シーズン7の第11~12話」の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン7 第9~10話の視聴者数は以下の通りです。日本をはじめ世界中で人気です。

話数 タイトル 米国放送日 視聴者数
(万人)
9 羞恥心 2017年9月6日 164
10 ドナ 2017年9月13日 168

(Wikipediaより一部抜粋・転載)

huluオススメ動画・感想カテゴリの最新記事