公開日: 更新日:

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン2 第3話~4話の感想・ネタバレ・あらすじ

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン2 第3話~4話の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン2 第3話「激しい攻防戦」のあらすじ

とうとうハードマンが事務所に復帰した。早速、病院の案件を担当すると申し出るが、ジェシカはあえてハーヴィーを担当に指名する。

ハーヴィーは看護師組合のストを阻止すべく、組合代表のベテラン看護師ネルと交渉を始める。しかし彼女は病院側の和解案を一蹴し、交渉は難航。

しかもハードマンがしゃしゃり出てきたために、事態はさらに悪化する。何も知らないマイクはハーヴィーとハードマンの攻防戦に巻き込まれてしまい…。

SUITS/スーツ シーズン2 第3話「激しい攻防戦」の感想・ネタバレ

この記事にはネタバレが含みます。前回のエピソードの感想はコチラから。

SUITS/スーツ シーズン2 第3話「激しい攻防戦」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

いよいよハードマンが事務所に、表面上は歓迎ムードでハードマンもトップはジェシカで自分はナンバー2だとパートナー達の前で言うのでした。

会議の席上、早速ジェシカとハードマンが病院の看護師組合の案件を誰が担当するかで対立?ハードマンは自分が担当すると主張しますがジェシカはあえてハーヴィーを指名するのでした。ハードマンに仕事をさせたくない?

ジェシカの見え見えの対抗心にハーヴィーは仕方なく対応すべくマイクと共に病院へ向かうのでした。

ラチェッド看護師長に和解案を提示するも合意してもらえず、マイクはストの延期を裁判所に申し立てをしようと提案しますが、ハーヴィーは延期でなく禁止の申し立てをすると言って裁判所に出向く。

裁判所ではハードマンが裁判官と親しげに話していて、スト延期の申し立て済ませたと告げるのでした。

ハーヴィーはハードマンの勝手な行動に激怒、病院へ行き看護師長にストを続行しても良いと告げるのでした。でもストが長引けば長引くほど和解金が減る事を通告、彼は看護師組合の資金が苦しいのを調べていたのだ。

一方、ジェシカは法律雑誌のアンケートでピアソン・ハードマン事務所が人気がなくハーバード大学から調査員が派遣されると言われているとルイスに告げます。この状況を何とか打開したいので協力してほしいと頼むのでした。

ハーバードから来たたのはシーラ調査員、ルイスは一生懸命シーラに取り入り無事これからもハーバードから卒業生を送ってもらえることになりました。ルイスはいざという時、かなり頼りになるね。

SUITS/スーツ シーズン2 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン2 バリューパック [DVD]

ガブリエル・マクト, パトリック・J・アダムス
3,300円(05/28 09:42時点)
Amazonの情報を掲載しています




SUITS/スーツ シーズン2 第4話「宿敵の反撃」のあらすじ

ある日、ハーヴィーは4年前に勝訴した裁判の再審を原告から求められる。原告側の代理人は、なんとトラヴィス・タナーだった!

タナーは被告の自動車メーカーだけでなく、ハーヴィーや事務所まで不正で訴えると言う。ハードマンとの派閥争いで弱みを作りたくないジェシカは、穏便に解決するようハーヴィーに言い渡す。

一方マイクはルイスと組んで食品メーカー同士の訴訟に取り組み、ルイスの意外な一面を知ることになる。

SUITS/スーツ シーズン2 第4話「宿敵の反撃」の感想・ネタバレ

この記事にはネタバレが含みます。

SUITS/スーツ シーズン2 第4話「宿敵の反撃」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

4年前勝訴した裁判の再審請求が起こされ、担当したハーヴィーのもとに以前、石油会社の集団訴訟で対戦したトラヴィス・タナーが直接ハーヴィーに伝えに来たのです。

無敗の弁護士として絶対の自信を持っていたタナーはハーヴィーに負け、彼に対し並々ならぬ恨みを抱き再度挑戦してきたのでした。

当時CM社の自動車が欠陥品であることを記した内部資料を手に入れたとの事、ハーヴィーはその様な資料は見ておらず、死亡した人物は薬物乱用の過去がある事で勝訴したのだった。

遺族は賠償金の支払いと内部資料の隠ぺいを図ったとして事務所を訴えたのです。CM社の幹部ローレンスを訪ねたハーヴィーは彼を問い詰めますが否定され、さらに挑発すると解雇されてしまいます。

すぐにマイクを呼び出しCM社の訴訟案件の調べ直しを指示します。

どうやら隠ぺいの事実があったらしい事をマイクが気がつきました。品質管理のサラがローレンスに口止めされていたとハーヴィーに告白します。ローレンスは非を認め遺族に賠償金を払うと約束するのでした。

一方、ルイスはハーヴィーの部屋にレコーダーを仕込みハーヴィーとマイクの会話を録音し事務所が訴えられている事を知りハードマンに報告します。

かなり険悪なムードのピアソン・ハードマンの事務所です ハーヴィーはかなりのピンチ、次回のエピソードが楽しみです。

以上、「SUITS/スーツ」シーズン2 第4話の感想・ネタバレでした。シーズン2 第5話~第6話につづく

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン2 第5話~6話の感想・ネタバレ・あらすじ




SUITS/スーツ シーズン2 「1話~16話」の感想・ネタバレ・あらすじ

話数 タイトル 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 闘いの始まり 2012年6月14日 347
2 強いられた決断 2012年6月21日 380
3 激しい攻防戦 2012年6月28日 388
4 宿敵の反撃 2012年7月12日 370
5 問われる責任 2012年7月19日 372
6 オール・イン 2012年7月26日 389
7 対決か和解か 2012年8月2日 341
8 5年前の真相 2012年8月9日 342
9 昇進への切符 2012年8月16日 400
10 真の首謀者 2012年8月23日 448
11 変えられない事実 2013年1月17日 357
12 去り行く者 2013年1月24日 375
13 ゼイン対ゼイン 2013年1月31日 336
14 パートナーの逆襲 2013年2月7日 307
15 ノルマンディー作戦 2013年2月14日 290
16 壊れゆく絆 2013年2月21日 320

SUITS/スーツカテゴリの最新記事