公開日: 更新日:

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン2 第5話~6話の感想・ネタバレ・あらすじ

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン2 第5話~6話の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン2 第5話「問われる責任」のあらすじ

SUITS/スーツ シーズン2 第5話「問われる責任」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

ハーヴィーは16歳の天才テニスプレーヤー、マルコ・メンドーザの依頼を受ける。父親にプロへの転向を反対されているマルコは、法的に独立したいと言う。

親身になってマルコを助けようとするマイクは、やがてある意外な事実に気づく。

また、事務所はハーヴィーの隠蔽疑惑の件で外部の弁護士アリソンを雇う。彼女に問い詰められたドナの思わぬ行動で、ハーヴィーはさらにピンチに追いやられる。

SUITS/スーツ シーズン2 第5話「問われる責任」の感想・ネタバレ

ハーヴィーはジョギング中にスポーツエージェントのジェフリーに話し掛けられます、契約している天才テニスプレーヤーと言われている16才のマルコに会ってほしいと頼まれる。

マルコはプロに転向したいのだけれども父親が反対しているので親権を取り上げ法的に独立したいと言うのでした。ハーヴィーはマルコと父親を事務所に呼び父親の説得を試みるが話しの途中怒って席を立ち失敗に終わる。

その後、資料室でドナに会ったマイクは彼女の様子がおかしいと気付き問い詰めると、例の内部書類が見つかり自分のサインがあるとの事。マイクはハーヴィーに報告するようドナに言い、しなければ自分が報告すると、言って立ち去ります。

マルコの事が気になり会いに行ったマイクは彼から気になる情報が、父は他人が居ないとすぐに、「かーっ」となる性格だと聞かされ病院の記録を調べある時、罰に等しい練習をさせ脱水状態で病院に行った事をつき止める。

裁判ではマイクに主張が有利に進んだが、後で父親からあの時はエージェントのジェフリーがマルコと一緒だった事を聞き裁判から手を引くことに。証拠隠滅をしていないとの宣誓書にサインしようとするハーヴィーをマイクがコーヒーをこぼし邪魔をする。

事情はドナに聞いてと言うマイクを置いてハーヴィーはドナの所へ、全てを話すドナを怒鳴るがやがて冷静になり外部から調査に来ている弁護士のアリソンに報告する。

ジェシカは苦渋の選択でドナにクビを宣告しますがそれはハーヴィーを守るため仕方のない事だったのです。

SUITS/スーツ シーズン2 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン2 バリューパック [DVD]

ガブリエル・マクト, パトリック・J・アダムス
3,695円(02/20 00:37時点)
Amazonの情報を掲載しています




SUITS/スーツ シーズン2 第6話「オール・イン」のあらすじ

SUITS/スーツ シーズン2 第6話「オール・イン」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

会社経営者のキースは酔った勢いでトミーという男と契約を交わし、会社を失うことになってしまう。

キースの弁護士であるハーヴィーは酩酊状態を理由に契約の無効を訴えるが、トミーの弁護士も手ごわく、苦戦を強いられる。

同じ頃、ルイスはバレエ団の賃貸トラブルの案件を引き受ける。アソシエイトの代わりとしてルイスに抜擢されたレイチェルは、張り切って仕事に取り組んだが事態は思わぬ方向に進み…。

SUITS/スーツ シーズン2 第6話「オール・イン」の感想・ネタバレ

CM社との裁判はまだ続いていますが和解案を勧めるハードマンが連れて来た弁護士、アリソンを解任し、ドナをクビにした。

ジェシカはハーヴィーの弁護士資格がはく奪されぬ為に裁判で闘うことに心を決めました、さすがジェシカですね。

ハーヴィーがタキシード姿でマイクの部屋を訪ねます、一緒に出かけるとの事。

マイクのタキシードも用意してきたハーヴィーと行ったのはアトランテックシティのカジノで顧客のキースに会うためだった。

ドナが居なくなってからのかれの行動はどこか不安定。ホテルに着いてみるとキースは酔った勢いで賭けをし会社を失う羽目に。ナプキンに書いた契約書、それも酩酊状態の契約は無効と訴えるが裁判になり苦戦する。

一方、レイチェルはドナと一緒に来るはずだったバレエを観に一人で劇場へ、そこで偶然ルイスに会うのだった。帰り際、大声でもめているのはバレエ団の監督でルイスの憧れの人セルゲイでした。

セルゲイは劇場の設備不良の為ダンサーが怪我をしたと訴えている所でした。ルイスは進んでこの件の代理人になると申し出て早速契約書などを調べに掛りレイチェルにも頼むのでした。

レイチェルとルイスが同じ趣味で息が合うなんて可笑しくて見ていて思わずニヤリとしてしまいます。

タナーがピアソン・ハードマンの事務所を訴えている裁判の行方も厳しくまだまだ続きそうです。

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン2 第7話~8話の感想・ネタバレ・あらすじ




SUITS/スーツ シーズン2 「1話~16話」の感想・ネタバレ・あらすじ

話数 タイトル 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 闘いの始まり 2012年6月14日 347
2 強いられた決断 2012年6月21日 380
3 激しい攻防戦 2012年6月28日 388
4 宿敵の反撃 2012年7月12日 370
5 問われる責任 2012年7月19日 372
6 オール・イン 2012年7月26日 389
7 対決か和解か 2012年8月2日 341
8 5年前の真相 2012年8月9日 342
9 昇進への切符 2012年8月16日 400
10 真の首謀者 2012年8月23日 448
11 変えられない事実 2013年1月17日 357
12 去り行く者 2013年1月24日 375
13 ゼイン対ゼイン 2013年1月31日 336
14 パートナーの逆襲 2013年2月7日 307
15 ノルマンディー作戦 2013年2月14日 290
16 壊れゆく絆 2013年2月21日 320

SUITS/スーツカテゴリの最新記事