公開日: 更新日:

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン3 第13話~14話の感想・ネタバレ・あらすじ

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン3 第13話~14話の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン3 第13話「因縁の対決」のあらすじ

SUITS/スーツ シーズン3 第13話「因縁の対決」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

経歴詐称の件が片付き、仕事を続けられることになり喜ぶマイク。

ルイスを説得してくれたハーヴィーにお礼がしたいとドナに探りを入れ、ハーヴィーがロースクール時代の模擬裁判で3年連続敗北を喫したステンプルを、IT企業2社が争う裁判で倒すチャンスをプレゼントする。

ハーヴィーを避け続けてきたステンプルは気弱で凡庸に見えたが、実はかなりの辣腕弁護士で、ハーヴィーとマイクは振り回されることに…。

一方、ルイスは新入りパートナーのスコッティと対立し、お互いに足を引っ張り合う。

SUITS/スーツ シーズン3 第13話「因縁の対決」の感想・ネタバレ

一度は観念して、弁護士をあきらめざるを得ない状況だったマイクを救ってくれたのは、やはりハーヴィーでした。感謝の気持を伝えたくて、プレゼントを考えたマイクでしたが、ハーヴィーは欲しい物は殆んど持っているので、悩んでドナに相談します。

ハーヴィーが唯一欲しいものは、ロースクール時代の模擬裁判で3年連続負けた相手を打ち負かす事でした。因縁の相手ステンプルを探し出し、本当の裁判で宿敵を倒すチャンスをプレゼントしたのでした。

Harvard Law School 【ハーバード・ロースクール】とは?
Harvard Law School 【ハーバード・ロースクール】とは、ハーバード大学に置かれた、全米でトップレベルの法科大学院。通常、アメリカ人は3年、留学生はカリキュラムが組まれている。バラク・オバマ元大統領もこの学校の修了生。

もう一方の対決はルイスとスコッティが壮絶なバトルを繰り広げています。

ルイスの顧客をスコッティが横取り、それなりの理由があるのですがルイスは納得しません。

初めはスコッティがけしかけ、いやがらせなどするのですが、ルイスも引き下がらず、お互い足の引っ張り合いです。

静観し中立を保っていていたハーヴィーですが、ルイスに”マイクの時は助けたので、今度はその貸を返してほしい”と言われ心ならずもスコッティに上司として案件を返すよう言うのです。

今後スコッティのハーヴィーに対する信頼感がどうなるか目が離せない所です。

ステンプルとの対戦は優勢に進んでいたはずが、いつの間にか相手の罠にかかりそうに。幸いマイクが気付き対応してハーヴィーは念願の宿敵に勝つ事が出来ました。

この宿敵、いかにも弱そうに、負け組を演じていますがただものではないのです。相手を出し抜く技?頭脳はやはりハーバード卒、切れ者でした。

SUITS/スーツ シーズン3 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン3 バリューパック [DVD]

ガブリエル・マクト, パトリック・J・アダムス, ジーナ・トーレス, リック・ホフマン, メーガン・マークル, サラ・ラファティー
3,891円(02/21 10:17時点)
Amazonの情報を掲載しています




SUITS/スーツ シーズン3 第14話「揺れる心」のあらすじ

SUITS/スーツ シーズン3 第14話「揺れる心」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

ルイスが法廷で心臓発作を起こして病院へ運ばれる。症状は軽くすぐ退院できたが、人生を見つめ直したルイスは思い切ってシーラにプロポーズをする。

一方、ジアノプロス社で幹部の1人がワンマン体制に愛想をつかし、転職を望むというトラブルが発生。対応に当たるハーヴィーとマイクに、ジアノプロスは激怒して競業避止義務を徹底し、まともな転職の道を絶つよう命じる。

懐柔策を進言するが却下されたマイクは、ジアノプロス社のジョナサンから思いがけない相談を受けることに…。

SUITS/スーツ シーズン3 第14話「揺れる心」の感想・ネタバレ

シーラと迎えた朝、ルイスは裁判に遅れそうになり大慌て、裁判の途中で心臓発作を起こし病院へ運ばれます。幸い命に別状なく安定したのですが、事務所の仲間は心配しながらも仕事を続けるのでした。

顧客にはルイスの事は内緒でかれの仕事をカバーする事に。ジアナポロス社長とジョナサンが事務所を訪ねて来た。

部下の一人が辞めたいと言っているが引き止めてほしいとの事、マイクが解決案を提案しますが、相変わらずのワンマン社長、生ぬるい案なら要らない!転職の道を閉ざす方法を考えろ!彼をつぶせ!と言い置き帰って行きました。そんな社長について行くのが嫌になったジョナサンはマイクに相談します。

彼の会社における立場が自分のとダブり、同情心からか競業避止義務の抜け道のある判例を教えてしまいます。ハーヴィーはその事でジアナポロスに呼びつけられるが、きっぱりと言い返します、そんなことでいちいち呼び付けるのなら、こちらから契約解除する、と言い切るのでした。恰好良いシーンです。

ルイスですが、その後順調に回復し事務所に来ます。ハーヴィーにハグするルイス、ドナに助けを求めるハーヴィーですがハグのお返しを。

一方、レイチェルにも問題が起きていました、ロースクールの学費の事です。

以前、濡れ衣を着せられ復帰の条件として、学費を事務所が払う事にルイスが了承したのですが、今の彼には話せずジェシカに確認しますが、初めからその様な話は聞いていないと退けられ、ドナに相談、再びジェシカのもとへ今度はハーヴィーも同席、彼の前例があるのでどうか認めて欲しいとお願いするのでした。

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン3 第15話~16話の感想・ネタバレ・あらすじ




SUITS/スーツ シーズン3 「1話~16話」の感想・ネタバレ・あらすじ

話数 タイトル 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 すれ違う思い 2013年7月16日 293
2 雪解け 2013年7月23日 288
3 終わらぬ追及 2013年7月30日 247
4 危険な関係 2013年8月6日 299
5 刻まれた名前 2013年8月13日 279
6 10年前の約束 2013年8月20日 276
7 黒幕の正体 2013年8月27日 279
8 チェックメイト 2013年9月3日 352
9 不誠実な交渉 2013年9月10日 295
10 大切な人 2013年9月17日 316
11 父への思い 2014年3月6日 227
12 法の精神 2014年3月13日 227
13 因縁の対決 2014年3月20日 235
14 揺れる心 2014年3月27日 253
15 引き際 2014年4月3日 250
16 辿り着いた答え 2014年4月10日 240

SUITS/スーツカテゴリの最新記事