公開日: 更新日:

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン4 第5話~6話の感想・ネタバレ・あらすじ

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン4 第5話~6話の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン4 第5話「喜劇の弁護士」のあらすじ

SUITS/スーツ シーズン4 第5話「喜劇の弁護士」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

マイクはギリス産業の株を買う資金を得るため、ハーヴィーに恨みを持つフォースマンと上司ジョナサンを裏切るという条件を承諾して手を組むことに。

だが、実際には裏切らずに済むよう、フォースマンから金を受け取る前にハーヴィーに手を引かせようと考える。ウェクスラー社が保有するギリス産業の株を手放そうとしていることを知り、ハーヴィーに和解を申し出るが…。

一方、ルイスは舞台で大役を演じることになったドナの練習を手伝う。仕事と勉学に追われるレイチェルは、心身ともに疲労がピークに。

SUITS/スーツ シーズン4 第5話「喜劇の弁護士」の感想・ネタバレ

マイクにとっては綱渡り状態の連続、悪い噂のフォースマンと手を組み彼の資金を見せ金に使い、ハーヴィーがこの買収合戦から手を引く事を狙っていたのです、上手くいったらジョナサンを裏切らずに済むと考えたのです。

しかしハーヴィーは引きません、二人共、次の一手を探すのです。緊迫したハーヴィーとマイクとは対照的にドナとルイスが引き起こすちょっといい話。

ドナは趣味の演劇で舞台に立つ事に、セリフを覚えられずパニック状態に、たまたまルイスがその様子を見かけドナの稽古相手を務めてあげます。ルイスはシェークスピアのファンで彼の作品は全部暗記しているのです。

自信を無くしているドナを叱咤激励するのです。ルイスのおかげで無事初日を終える事が出来たドナは、今度はルイスの舞台恐怖証を克服させる為にある事を考えます。ドナの機転でルイスも小さいときからのトラウマを克服出来たのでした。

長い間、仕事、超過勤務、勉強と疲労がピークに達したレイチェルは授業中に気を失い倒れてしまいます。幸い大した事無く休めば良いらしい。

緊急連絡先になっていたハーヴィーが先に駆けつけていた、マイクは面会を求めるが薬で寝ているので8時間位は起きないからと言い、食事に誘う。久しぶりに二人の胸に温かいものが。

そんな二人が外に出るとケイヒルが待ち構えていて、談合を疑うのでした。

中止にしたはずの入札が行われ、ピアソン・スペクター事務所のペーパーカンパニーがギリスの株を買ったのです。マイクはハーヴィーを責めますが、ハーヴィーには身に覚えがない事でした。

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック [DVD]

ガブリエル・マクト, パトリック・J・アダムス, ジーナ・トーレス, リック・ホフマン, メーガン・マークル, サラ・ラファティー
3,782円(02/21 18:34時点)
Amazonの情報を掲載しています




SUITS/スーツ シーズン4 第6話「マグカップの救世主」のあらすじ

SUITS/スーツ シーズン4 第6話「マグカップの救世主」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

ルイスはオリジナルのマグカップを事務所内で配る。フォースマンの件のお詫びの印として、ハーヴィーにはドナから渡してもらうことに。

証券取引委員会のケイヒルはギリス産業買収合戦がマイクとハーヴィーの共謀だと疑い、ジョナサンに連絡する。問いただされたマイクは恋人が入院したせいだと説明し、他に秘密はないと嘘をつく。ハーヴィーは買収競争を早期に解決しようと、ローガンにマイクとの直接交渉を求める。

一方、レイチェルはローガンの自宅に行き、これ以上つきまとわないで欲しいと伝えるが…。

SUITS/スーツ シーズン4 第6話「マグカップの救世主」の感想・ネタバレ

なかなか決着のつかないギリス産業買収問題。

ハーヴィーとマイクそうしてローガンとレイチェル、単純に敵・味方の戦いではなく、トップに立つ人物の経営哲学みたいなものまで絡んできて、時に味方同士のぶつかり合い、ののしり合い、騙し合いで不信感が生まれ、どうなって行くんだろうと、第6話は推理しにくいストーリー展開ではあります。

レイチェルが無事退院し、翌朝出勤してみると机の上にローガンからの花束が、メッセージカードを手に取りタクシーでローガンの事務所へ。誤解を招く行動をやめてもらうために行ったのですが、ローガンは未練たっぷりにレイチェルを惑わせます。

レイチェルもどこかに彼に対する感情が、我に返り慌てて去って行くレイチェルですが取り返しのつかないマイクに対する裏切、大きな悩みを抱えます。

ローガンが証券取引委員会=SECに連行され、マローンが考えたグレーゾーンで買ったギリス産業の株をローガンに渡す事が出来なくなったので、ハーヴィーはマイクから和解金をもらって買収合戦を終わりにしようとローガンを説得。承諾することになりました。

レイチェとローガンの過去が頭から離れないマイクは、ローガンの顔を見ると感情が抑えられません、交渉が決裂。

ルイスは良かれと思った行動が今回も裏目に、自分の功績が常に先んじてジェシカの指示に背き、フォースマンにギリス産業の株を買われてしまいます。

怒りが止まらないハーヴィーはルイスを罵倒します。さすがのルイスも耐え切れずフォースマンを訪ねハーヴィーが憎いので手を組もうと持ちかけるのでした。

フォースマンは手にした株をローガンに売り、更にジョナサンにマイクの裏切を密告します、その上マイクを雇いたいと誘いをかけるこの神経は尋常じゃないですね。

エンディングシーンではマイクがシドウェル社を去る時に聞こえてくる曲「be what you want」が、何とも印象的でした。

アーティスト: Robin Loxley & Oliver Jackson
曲: be what you want

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン4 第7話~8話の感想・ネタバレ・あらすじ




SUITS/スーツ シーズン4 「1話~16話」の感想・ネタバレ・あらすじ

話数 タイトル 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 決闘 2014年6月11日 250
2 恋人 vs 元恋人 2014年6月18日 265
3 汚れた戦法 2014年6月25日 276
4 深まる苦境 2014年7月9日 242
5 喜劇の弁護士 2014年7月16日 233
6 マグカップの救世主 2014年7月23日 270
7 突然の別れ 2014年7月30日 281
8 罪の告白 2014年8月6日 259
9 男のケジメ 2014年8月13日 259
10 秘密を握るカギ 2014年8月20日 276
11 代表の器 2015年1月28日 187
12 尊敬とプライド 2015年2月4日 167
13 過去へのドライブ 2015年2月11日 146
14 内部告発 2015年2月18日 170
15 守るべき人 2015年2月25日 180
16 愛の示し方 2015年3月4日 155

SUITS/スーツカテゴリの最新記事