公開日: 更新日:

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン4 第13話~14話の感想・ネタバレ・あらすじ

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン4 第13話~14話の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン4 第13話「過去へのドライヴ」のあらすじ

6年前、ピアソン・ハードマン事務所のアソシエイトとして頭角を現していたハーヴィーとルイス。

共同戦線を張って昇進をハードマンに談判するが、ハードマンはマッカーノン自動車との顧問契約を2人に競わせる。

ジェシカからルイスとの和解を命じられたハーヴィーは、まずはルイスとマイクの関係改善のために因縁のクライアント、マッカーノン社の仕事を半々で受け持とうとルイスに持ちかける。

本社訪問の当日、ハーヴィーは不意打ちでマイクを同行。怒りが収まらないルイスと3人でドライブすることに。

SUITS/スーツ シーズン4 第13話「過去へのドライヴ」の感想・ネタバレ

この記事にはネタバレが含みます。前回のエピソードの感想はコチラから。

SUITS/スーツ シーズン4 第13話「過去へのドライヴ」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

いつまでも反目し合っているルイスとハーヴィー&マイクに業を煮やしたジェシカはハーヴィーにルイスとの関係を修復するよう言われるのですが、ハーヴィーはマイクを許してくれない限り無理だと言います。それでも何とかしなさいと命令するジェシカです。

そこでハーヴィーは、6年前の事を思い出します。

6年前、ピアソン・ハードマン事務所でルイスとハーヴィーは共にアソシエイトとして働き、ドナもハーヴィーと一緒でした。

Associate【アソシエイト】とは?
Partner 【パートナー】とAssociate【アソシエイト】とは、ハーヴィーの事務所内の役職は「パートナー」。これは出資者としての地位を有する弁護士であり、代表者と同等の権利を有する。マイクは「アソシエイト」で、雇用された若手弁護士のこと。

ルイスとハーヴィーはパートナーへの昇格をハードマンに直訴しますが、彼は一人だけ、それも大きな顧客を捕まえ方がなれるかもと言うのでした。

課題のマッカーノン社はハーヴィーが有利だったのですが契約寸前でハードマンから中止命令、ハーヴィーは囮作戦に嵌められたのでした。

会社の為だったとは言え平然と部下を騙すようなことやってのけるハードマン、共同代表に成る位ですから実力が有るのでしょうが、あまり露骨な事ばかりやっていると、いつか、策に溺れて自滅?私の個人的な希望でした。

時は進み現在へ、ハーヴィーはルイスとの関係改善の為、あの因縁のマッカーノン社に目を付けます。

ルイスにマッカーノン社を半々で受け持とうと提案、マッカーノン社までドライブです、待ち合わせ場所に来たルイスはマイクの姿を見てハーヴィーに騙されたと言って怒ります、そこから3人のドライブが始まります。

マイクとルイスが喧嘩しながらも、ハーヴィーの思惑通り、和解に成功した様です。

場面は再び6年前 、今度はマイクです。その頃彼は大学を退学させられ、郵便配達をして生活していました。

おばあちゃんと暮らすマイクはトレヴァーに誘われ一緒に住む事にします。退学の原因になったトレヴァをおばあちゃんは信用出来なく反対しますが最後は許します。

好きな娘が出来、彼女は法律を勉強していました、マイクは嫌われるのが怖く嘘をついてしまいます。

この好きになった女性。クレア役のトローヤン・ベリサリオはマイク役のパトリック・J・アダムスの実生活では奥様です!

トローヤン・ベリサリオトローヤン・ベリサリオ(Troian Bellisario、1985年10月28日 – )は、アメリカ合衆国の女優。2014年2月に、俳優のパトリック・J・アダムスと婚約。2016年12月10日(現地時間)に南カリフォルニアにて、挙式。

引用元:wikipedia.

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック [DVD]

ガブリエル・マクト, パトリック・J・アダムス, ジーナ・トーレス, リック・ホフマン, メーガン・マークル, サラ・ラファティー
3,297円(05/28 09:27時点)
Amazonの情報を掲載しています




SUITS/スーツ シーズン4 第14話「内部告発」のあらすじ

ジェラード教授はマイクを呼び出し、リバティー鉄道の脱線事故の真相を知る元従業員ジョーから相談を受けたので、ハーヴィーに訴訟として引き受けて欲しいと頼む。

人助けをしたいマイクは自分で案件を引き受け、ジョーから事故の原因を会社が隠蔽していること、さらに内部告発により解雇された事実を聞く。報告を受けたハーヴィーはマイクに和解の手続きを指示するが…。

一方、代表の一員になったルイスは、事務所の受付係が電話を取り次ぐ際に事務所名から「リット」を省いていることに苛立ちを募らせる。

SUITS/スーツ シーズン4 第14話「内部告発」の感想・ネタバレ

この記事にはネタバレが含みます。

SUITS/スーツ シーズン4 第14話「内部告発」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

ハーバード大のジェラード教授からマイクに電話がかかって来た。

例のリバティ鉄道に関する事で相談があるとの事、マイクは待ち合わせて彼から詳しい内容を聞かされた。

脱線事故の本当の原因を知っている従業員がいて訴訟を起こして欲しいとたのまれます。

事務所では内部告発は取り扱わないと一旦は断るが、ジェラード教授はマイクの秘密を知っていると言う、驚くマイクを見てハーヴィーが伝えていない事を知る。

でも教授はその事は口外しないとマイクに言います。

事務所に戻りハーヴィーに経過報告、やはり内部告発は受付ない、なぜなら顧客が離れる恐れがあるからと。和解を勧めるハーヴィーですがマイクは引き下がりません。

リバティ鉄道側の弁護士、エヴァンは証拠になる書類は存在しないし、告発者のジョーは過去に何度も勤めていた会社を内部告発している事実を聞かされます。

一方、ルイスは些細な事で騒ぎ立てていました。

受付係が電話を受ける時、自分の名前を省略し、ピアソン・スペクター事務所ですと答えているのを聞き、許せなくてジェシカに訴えます。リットの名前を省略させた犯人はマローンでした。彼なりの理由があったのです。

その頃、マイクはドナに弱音を吐いています。

ドナの性格です、何とか協力したいと思い相手のリバティ鉄道へ偽の名をかたり証拠になる書類を手に入れて来たのです。

ところが喜びもつかの間、エヴァンから呼び出され、見せられた社内の防犯カメラには忍び込んだドナの姿が・・・。

以上、「SUITS/スーツ」シーズン4 第14話の感想・ネタバレでした。シーズン4 第15話~第16話につづく

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン4 第15話~16話の感想・ネタバレ・あらすじ




SUITS/スーツ シーズン4 「1話~16話」の感想・ネタバレ・あらすじ

話数 タイトル 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 決闘 2014年6月11日 250
2 恋人 vs 元恋人 2014年6月18日 265
3 汚れた戦法 2014年6月25日 276
4 深まる苦境 2014年7月9日 242
5 喜劇の弁護士 2014年7月16日 233
6 マグカップの救世主 2014年7月23日 270
7 突然の別れ 2014年7月30日 281
8 罪の告白 2014年8月6日 259
9 男のケジメ 2014年8月13日 259
10 秘密を握るカギ 2014年8月20日 276
11 代表の器 2015年1月28日 187
12 尊敬とプライド 2015年2月4日 167
13 過去へのドライブ 2015年2月11日 146
14 内部告発 2015年2月18日 170
15 守るべき人 2015年2月25日 180
16 愛の示し方 2015年3月4日 155

SUITS/スーツカテゴリの最新記事