公開日: 更新日:

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン5 第1話~2話の感想・ネタバレ・あらすじ

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン5 第1話~2話の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン5 第1話「拒絶」のあらすじ

ついにレイチェルにプロポーズをしたマイク。2人は婚約のことを、職場にはしばらく内緒にしておくことにする。

マイクはハーヴィーにだけは伝えるが、ハーヴィーはドナにルイスの秘書になると告げられ、ショックを受け動揺していた。次の秘書が決まるまでの2週間、レイチェルがハーヴィーを手伝うことになる。

そんな中、倒産寸前のスラッタリー運送を助けることになったハーヴィーは、マイクに債権者リストを作らせ、立て直しのための時間を作ろうとするが…。

SUITS/スーツ シーズン5 第1話「拒絶」の感想・ネタバレ

この記事にはネタバレが含みます。前回のエピソードの感想はコチラから。

SUITS/スーツ シーズン5 第1話「拒絶」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

いよいよSUITSシーズン5に入りました、前回エピソード(シーズン4 第16話)をうけ、ストーリーは進むのですが、ハーヴィーに思いがけないトラブル体調の変化が。突然吐き気の襲われトイレに駆け込む事がたびたび。

精神科医のセラピーを受けるのですが、ドナが去ったのが引き金になったらしい、彼女はそれはパニック症候群だと説明しドナが原因ではなくきっかけにすぎない、もっと根深いものを抱えているのではと言います。

そんな中、ドナが居ないと何かと仕事に支障をきたし、大きなミスが出てしまいます。

手伝ったレイチェルのミスを責めるハーヴィーに怒る相手が違うと必死にかばうマイクです、ハーヴィーもそれを認めます。

一方、ルイスですが、ドナが自分の秘書になってくれる事が嬉しいのですが、以前マイクが自分の専用アソシエイトになると約束しながら、あっさりとハーヴィーに連れ去らわれた経験が忘れられず、信用しきれずにいました。

Associate【アソシエイト】とは?
Partner 【パートナー】とAssociate【アソシエイト】とは、ハーヴィーの事務所内の役職は「パートナー」。これは出資者としての地位を有する弁護士であり、代表者と同等の権利を有する。マイクは「アソシエイト」で、雇用された若手弁護士のこと。

でもドナは言います、嘘ではなく本当だよって。

ハーヴィーの変化に気がつきジェシカは一人で飲んでいる彼の所へ来て、ドナの存在がどれほど大きかったか理解できる、そうして自分の一存でドナを戻す事もできると伝えるのですが、ハーヴィーはドナが決めた事で無理強いはしたくないと断ります。

一方、レイチェルはマイクにもらった、おばあちゃんの指輪に見とれながらも職場ではドナ以外はしばらくの間内緒にと言います。ドナに報告しようとした時、彼女の様子がいつもと違うので話さずにおきます。

今回はハーヴィーの精神的な苦悩が体調の変化をもたらし、精神科医に心の奥を見透かされそうになり返答を拒絶する様子はハーヴィーの性格が出ている所ですね。

セラピーの帰り際、処方箋の代わりに精神安定剤と思われる薬をくれるが、ドナが戻らないと自覚しなければ発作は治らないと言われます。

ドナの所へ行き秘書の面接リストを受け取る彼の表情が微妙に変化する辺りは見ものですね。もらった薬をトイレに流しハーヴィーの復活が予告されます。

最後のシーンは婚約祝いでハーヴィーとマイクがNBAのネッツ観戦に行くところ、ジェイ・Zやビヨンセの名前が出てきます。

ジェイ・Zショーン・コーリー・カーター(Shawn Corey Carter、1969年12月4日 – )は、ジェイ・Z(Jay-Z、ジェイ・ズィー)の芸名で知られるアメリカ合衆国のラッパー、ソングライター、音楽プロデューサー、起業家である。彼は史上最も高く評価されているラッパーの1人であり、「アメリカ音楽史上最も裕福なミュージシャン」歴史上トップとして経済紙フォーブスに掲載された。

引用元:Wikipedia

ビヨンセビヨンセ・ノウルズ・カーター、通称名ビヨンセ(Beyonce Knowles-Carter, 1981年9月4日 – )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のシンガーソングライター、ダンサー、音楽プロデューサー、女優。デスティニーズ・チャイルド初期からのメンバーで、グループではリードボーカル、プロデューサーも兼ねた。

引用元:Wikipedia

SUITS/スーツ シーズン5 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン5 バリューパック [DVD]

ガブリエル・マクト, パトリック・J・アダムス, ジーナ・トーレス, リック・ホフマン, メーガン・マークル, サラ・ラファティー
3,653円(05/25 09:40時点)
Amazonの情報を掲載しています




SUITS/スーツ シーズン5 第2話「嫉妬」のあらすじ

元同僚ジミーから集団訴訟の案件をもらったマイクは、ひどい扱いを受けた原告団のひとりであるエマと会い同情する。だが、費用がかかりすぎるとジェシカに却下され、他の方法を探る。

シニアパートナーのジャック・ソロフからパートナーの給与体系の変更について提案されたルイス。ハーヴィーにとっては減給となる内容で、ルイスはハーヴィーに自分が味方であることをアピールしようとするが…。

レイチェルは、父ロバートから婚前契約書を渡され憤慨する。

SUITS/スーツ シーズン5 第2話「嫉妬」の感想・ネタバレ

この記事にはネタバレが含みます。

SUITS/スーツ シーズン5 第2話「嫉妬」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

レイチェルが父のロバート・ゼインと婚約祝いの食事をしようとレストランで待ち合わせ、指輪を見せ幸せそうな娘を守るため、ロバートはある書類を渡そうとします、婚前契約の書類でした。

レイチェルは必要ないと一度は拒否しますが、父の心配を無視できなく持ち帰ります。

マイクは友人のジミーやハロルドにレイチェルと婚約した事を報告、祝福されますがハロルドは大のレイチェルのファンで大分ショックだったみたいです。

次の日、ジミーからある集団訴訟の案件を渡され、ジェシカに相談しますが儲からない仕事は引き受けないと言われ、諦めきれないマイクはロバート・ゼインを訪ね一緒に引き受けないかと頼むのでした。

ハーヴィーがやっとドナの代わりを採用する面接を行っています。

美人や自信家がいる中、彼はドナとは似ても似つかない中年女性言い換えれば”おばさん”のグレッチェンを採用、24年間の秘書歴だけ信じた彼の心境は何か決意みたいなものを感じさせます。

その頃、以前ジェシカが話していた、ジャック・ソロフは野心家、でも要注意な人物と、そのジャックが動き出しました明日のパートナー会議で給与の算定基準を変える案を提出するとの事、成功報酬制で貰っているハーヴィーにとっては大打撃その事を分っているルイスだが、何故かその時ジャックには反対しなかったのです、ドナには会議の席で反対すると言います。

ハーヴィーとルイス今度はドナのお給料の件で一波乱、ハーヴィーが自腹を切って上乗せしていた事を聞きルイスはどうしたもか迷いやはり自分の取り分が増えるジャックの案を再度取り上げようと画策しハーヴィーの給与明細を公表しようとする。

ますますエスカレートするルイスの姑息なやり方、ハーヴィーの怒鳴り。何時になったら止まるの?

以上、「SUITS/スーツ」シーズン5 第2話の感想・ネタバレでした。シーズン5 第3話~第4話につづく

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン5 第3話~4話の感想・ネタバレ・あらすじ




SUITS/スーツ シーズン5 「1話~16話」の感想・ネタバレ・あらすじ

話数 タイトル 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 拒絶 2015年6月24日 213
2 嫉妬 2015年7月1日 227
3 権力争い 2015年7月8日 216
4 ウワサの妹 2015年7月15日 238
5 許されざる男 2015年7月22日 209
6 裏切りの代償 2015年7月29日 216
7 ウィークポイント 2015年8月5日 208
8 綻び 2015年8月12日 231
9 復讐の始まり 2015年8月19日 230
10 それぞれの覚悟 2015年8月26日 234
11 密告者探し 2016年1月27日 174
12 試される絆 2016年2月3日 151
13 広がる波紋 2016年2月10日 171
14 開廷 2016年2月17日 158
15 決断のとき 2016年2月24日 173
16 72時間 2016年3月2日 171

SUITS/スーツカテゴリの最新記事