公開日: 更新日:

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン5 第5話~6話の感想・ネタバレ・あらすじ

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン5 第5話~6話の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン5 第5話「許されざる男」のあらすじ

SUITS/スーツ シーズン5 第5話「許されざる男」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

因縁のトラヴィス・タナーと、ある案件で再会したハーヴィー。

タナーは改心したといい好条件で和解を提案するが、ハーヴィーは信じず攻撃を仕掛ける。マイクはタナーのクライアントであるアリッサと会い、タナーをクビにするよう勧めるが…。

一方、ルイスはハーヴィーとの約束通り、給与の算定基準を元に戻そうとする。だが、ジェシカに卑怯なやり方はするなと釘を刺され、うまい方法が見つからないルイスは、ジャックを騙して儲け話を持ちかける。

SUITS/スーツ シーズン5 第5話「許されざる男」の感想・ネタバレ

シーズン5 第5話ではロバートと組み保険会社相手の訴訟に勝ったお祝いとして、ハーヴィーはマイクに一冊のファイルを持って来ました。

相手の弁護士は、あの因縁のトラヴィス・タナーでした、ハーヴィーはやる気満々ですがマイクはハーヴィーのパニック症を気づかいます。

タナーの依頼人アリッサは、ハーヴィーの顧客ティムの会社で働いていました。辞めて独立したのですが彼女がティムの会社に在職中開発した商品を持って出て売り出したのです。

アリッサを訴えたティムにタナーは和解案を持って事務所を訪れますが、ハーヴィーはどうしてもタナーを信じる事が出来なく和解案を拒否します。

タナーは何度も、自分は変わったんだと言います。

裁判が始まりハーヴィー達の主張は在職中に開発した物の所有権はティムにあると、又、アリッサ側のタナーの主張は雇用契約書が書かれたのは16才の時、責任能力はなかったと、さらに裁判終了後タナーは一通の訴状を見せるのでした。

ティムをアリッサに対するセクハラ行為で訴える用意があると言うのです。

同じころティムの所にも訴状が届き、激怒したティムはアリッサを潰せと言います。マイクは偶然を装ってアリッサに会う事に、そこで彼女の口から出た言葉は、セクハラは自分が言い出し、タナーは止めたと言うのでした。

今のハーヴィーにはなにを言ってもタナーに関しては、信じようとしません。タナーが代理人を下り最初の和解案を進める事でやっとハーヴィーはOKを出しました。

一方、ルイスはハーヴィーのお給料を元の成功報酬制に戻す事にジャック・ソロフが関わり悩みます。

色々考え、試みるのですが、ジャックにバレバレ反対に利用され状況が悪化します。最後の頼みの綱はジェシカに全て真相を告げ相談に乗って貰う事でした。

やはり、ここ一番の主はジェシカでした。

代表の貫禄十分、ハーヴィーの事も気にかけていますが、陰ながら見守っている様子が随所にチラホラ。

ハーヴィーと精神科医のポーラ・アガードの会話も核心に迫ってきている感じがします。彼女はなかなかの、やり手ですね。

SUITS/スーツ シーズン5 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン5 バリューパック [DVD]

ガブリエル・マクト, パトリック・J・アダムス, ジーナ・トーレス, リック・ホフマン, メーガン・マークル, サラ・ラファティー
3,802円(02/25 14:46時点)
Amazonの情報を掲載しています




SUITS/スーツ シーズン5 第6話「裏切りの代償」のあらすじ

SUITS/スーツ シーズン5 第6話「裏切りの代償」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

マイクとルイスは担当しているマッカーノン・モーターズの代表ドミニクから、友人の会社レンジテックを2週間以内に買いたいと相談される。

だが、ルイスが相手をよく調べるべきだと渋ってドミニクの不興を買ってしまう。

ハーヴィーは前に手がけた案件で知り合ったサム・タルが、勤務先のバトラー証券から無実の罪で訴えられており弁護を頼まれる。会社を悪意訴追で訴えるが、会社側の証人としてハーヴィーも通院するセラピストのアガードが証言することに。

SUITS/スーツ シーズン5 第6話「裏切りの代償」の感想・ネタバレ

マッカーノン社のドミニク社長からマイクに電話がきたのですが、マイクは少々戸惑います。

マッカーノン社はハーヴィーからルイスと二人で担当するよう譲られたハーヴィーにとって大事な顧客です。ルイスを差し置いて自分に電話が来たのは少々気が引けるマイクです。

何かと気を使いますよね、ドミニクが事務所に来て、友人の会社を二週間以内に買いたいと言います。

ルイスは友人の会社であっても、きちんと調査するべきと言いドミニクの機嫌を損ねてしまいます。

マイクはドミニクの経験を信じたくもあり、又ルイスの言う事もわかるので二人で調べる事に、期限付きと言うのは怪しいと言ったルイスの感は当たっていました。

友人の会社、レンジテックは近い内、環境問題で集団訴訟を起こされる事が判明 代替え案を探す事に一方、ハーヴィーは以前の案件で面識のあるサム・タルの来訪を受けていた。

無実の女性を逮捕させた男である、今度は自分が会社に責任を取らされ逮捕されそうだと言います。

彼はトレーダーで危ない証券取引をし大損して会社に責任をとらされると言うのです。

会社側との録取で新たな事実が、サムは会社が雇っているセラピストに責任を感じているなど、犯行をにおわせる発言をしていると言うのです。

会社には免責同意書も出ておりセラピストは証言を避けられません。驚く事にそのセラピストはハーヴィーも掛かっているポーラ・アガードだったのです。

その頃ドナはマイクに頼まれた結婚式の会場の件で孤軍奮闘、そこまでやるの?と言う感じで活躍。無事、大人気のホテルが確保されレイチェルは大喜びです。

この笑顔を見たらドナも苦労のし甲斐があったと思いますよ!

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン5 第7話~8話の感想・ネタバレ・あらすじ




SUITS/スーツ シーズン5 「1話~16話」の感想・ネタバレ・あらすじ

話数 タイトル 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 拒絶 2015年6月24日 213
2 嫉妬 2015年7月1日 227
3 権力争い 2015年7月8日 216
4 ウワサの妹 2015年7月15日 238
5 許されざる男 2015年7月22日 209
6 裏切りの代償 2015年7月29日 216
7 ウィークポイント 2015年8月5日 208
8 綻び 2015年8月12日 231
9 復讐の始まり 2015年8月19日 230
10 それぞれの覚悟 2015年8月26日 234
11 密告者探し 2016年1月27日 174
12 試される絆 2016年2月3日 151
13 広がる波紋 2016年2月10日 171
14 開廷 2016年2月17日 158
15 決断のとき 2016年2月24日 173
16 72時間 2016年3月2日 171

SUITS/スーツカテゴリの最新記事