公開日: 更新日:

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン6 第1話~2話の感想・ネタバレ・あらすじ

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン6 第1話~2話の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン6 第1話「トラブルに乾杯」のあらすじ

ピアソン・スペクター・リット事務所からパートナーを含む従業員のほぼ全員が去ったことが判明。

さらに、事務所にはマイクが関わった案件すべての顧客から集団訴訟の訴状が届く。ハーヴィーたちは急いでパートナーたちに連絡しようとするが……。

一方、刑務所に入ったマイクは、同室になったフランク・ギャロからここにいる人間は誰も信用するなと言われるものの、彼の入所した経緯を聞いて親近感を抱く。

SUITS/スーツ シーズン6 第1話「トラブルに乾杯」の感想・ネタバレ

この記事にはネタバレが含みます。前回のエピソートの感想はコチラから。

SUITS/スーツ シーズン6 第1話「トラブルに乾杯」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

マイクが刑務所に収監された日の様子から始まるSUITS/スーツ シーズン6 第1話、は同室になったフランク・ギャロとの出会いが、彼は言葉巧みにマイクの警戒心をほぐし、仲間だと信じ込ませました。隠し持っていた携帯電話を貸しレイチェルと連絡取るよう勧めたりします。

電話を借りレイチェルにメールを送って返事がきた頃、看守が一人の男を連れて来てギャロと入れ替わります。これはギャロの企みで、マイクの弱みのレイチェルの電話番号やメールのアドレスを知られることになったのです。ギャロは、この監房では誰も逆らえないほどのボス的存在なのです。

マイクが収監された、その夜ハーヴィーもつらく一人で居たくないのでレイチェルの様子を見に来ます、二人で飲みながらマイクの話しをして気を紛らしている所にルイスから留守電が入ります。

事務所はゴーストタウン化した、すぐに戻れ!と、レイチェルも一緒に事務所へ向かいます。誰もいなくなった事務所でジェシカ、ハーヴィー、ルイスが今後の対応策を練っている時、マイクの関わった顧客すべてに集団訴訟を起こされ、その訴状が届きます。

パートナーが辞め、事務所の存続も危ぶまれている時に致命的な外部からの攻撃、さすがのジェシカもかなり苦悩します。残ったメンバーはジェシカ、ハーヴィー、ルイス、ドナ、レイチェル、グレッチェン、そして I・T部門のベンジャミンです。

今後、どんな展開が待っているのか想像もつきませんが、マイクが刑務所内で命がけの毎日を送るところは緊張しますね。

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [DVD]

ガブリエル・マクト, パトリック・J・アダムス, ジーナ・トーレス, リック・ホフマン, メーガン・マークル, サラ・ラファティー
3,653円(04/05 16:08時点)
Amazonの情報を掲載しています




SUITS/スーツ シーズン6 第2話「解放宣言」のあらすじ

集団訴訟を起こされたハーヴィーたちは、原告団の弁護士に要求額の10分の1で和解することを認めさせる。

パートナーたちの出資金で和解金を払う予定だったが、ジェシカの前にジャック・ソロフが現われ、出資金を返さないなら彼女を個人的に訴えると言う。さらに、法廷で和解を進めていたところに、突然エリオット・ステンプルが現われる。

一方、刑務所にいるマイクは、レイチェルの件で挑発してきたギャロに殴り掛かり……。

SUITS/スーツ シーズン6 第2話「解放宣言」の感想・ネタバレ

この記事にはネタバレが含みます。

SUITS/スーツ シーズン6 第2話「解放宣言」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

ギャロはハーヴィーによって刑務所に送られた男でハーヴィーを怨み、復讐に燃えています。

本来の同室者になったケヴィン・ミラーにマイクは悪者のギャロに部屋を貸した事で不満を言いますが、ケヴィンもやはりギャロに脅されていたのです、看守や沢山の仲間を買収し支配者になっているギャロに歯向かう人はいません。

次の日の朝、食事の時間にギャロが近づきレイチェルの事で何かとマイクを挑発します。耐えられなくなったマイクは、とうとう自分からギャロと乱闘、せっかく面会に来たレイチェルも会えないまま帰る事に。事情を聞く為にマイクと面会したハーヴィーは思いもよらない事を聞かされるのでした。

マイクの口から出た言葉は原因はハーヴィー、あんただと。フランク・ギャロが自分を狙っている、彼には決して関わらないでほしいと言います、虐めが、増々エスカレートするからです。

集団訴訟に苦慮しているジェシカ達は何とか安い和解金で済むよう相手の代理人に会うが結論は出ず思うように進みません。

事務所の一部を貸して収入の足しにしようとルイスに賃貸先の選択をルイスに任せますが、どこも気に入らないルイスです。

ドナのアドバイスで トレーダーの会社に貸すことに。予想に反してルイスにとってはとても許されない集団でした。

こんな状況の中でも良い変化がジェシカとグレッチェンやドナが心を通わせることも出来たし。ルイスが自分の事より事務所を優先、一生懸命になっているのは、この状況が良い方に行ってる気がしてなりません。

以上、「SUITS/スーツ」シーズン6 第2話の感想・ネタバレでした。シーズン6 第3話~第4話につづく

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン6 第3話~4話の感想・ネタバレ・あらすじ




SUITS/スーツ シーズン6 「1話~16話」の感想・ネタバレ・あらすじ

話数 タイトル 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 トラブルに乾杯 2016年7月13日 185
2 解放宣言 2016年7月20日 165
3 再起をかけて 2016年7月27日 178
4 秘策 2016年8月3日 181
5 勝ち得た信頼 2016年8月10日 151
6 夢と現実 2016年8月17日 168
7 揺さぶり 2016年8月24日 183
8 自由への切符 2016年8月31日 188
9 最後の切り札 2016年9月7日 187
10 P.S.L. 2016年9月14日 192
11 再出発 2017年1月25日 137
12 許しのアヒル 2017年2月1日 153
13 ジレンマ 2017年2月8日 128
14 裏取引 2017年2月15日 121
15 届かぬ理想 2017年2月22日 125
16 最強の味方 2017年3月1日 113

SUITS/スーツカテゴリの最新記事