公開日: 更新日:

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン6 第13話~14話の感想・ネタバレ・あらすじ

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン6 第13話~14話の感想・ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ シーズン6 第13話「ジレンマ」のあらすじ

マイクはハーヴィーにいよいよレイチェルと結婚することを報告する。

レイチェルもドナに結婚の報告をするがそんな折、レイチェルに法曹協会から、適性審査の面接を受けられないという手紙が来る。

相談を受けたハーヴィーが手紙の主サイデルに話を聞きに行くと、レイチェルを合格させるための協力をする代わりに、自分のクライアントのライバル会社を故意に訴えて株価を暴落させるよう要求され……。

SUITS/スーツ シーズン6 第13話「ジレンマ」の感想・ネタバレ

この記事にはネタバレが含みます。前回のエピソードの感想はコチラから。

SUITS/スーツ シーズン6 第13話「ジレンマ」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

マイクはハーヴィーに、レイチェルはドナにそれぞれ結婚式を挙げる報告と付添人を頼みます、マイクはついでにハーヴィーの部屋を会場に使わしてもらう事に。ハーヴィーもマイクの面倒が見れて嬉しそうな表情。

ここで、ちょっとばかりいつもと違うドナとIT担当のベンジャミンのエピソードです。あまり出番がないのですが大事な役割割りを担っている、好感度の高いキャラです。

そのベンジャミンがドナのPCを更新の為操作しに来ます、そんな彼をドナは面白がってセクハラまがいにからかっています。実は彼の目的はドナのデーターを取る事でした、ドナの発言や名言を集めて電子化した”ザ・ドナ”を開発し商品化しようとしてたのです、面白そうです。

一方、レイチェルに問題が起きました、弁護士の適正審査の面接が受けられないとの通知が来たのです。マイクの事が原因なのか不安になってルイスに相談します「何かの手違いだろうから心配ない」と言いますが、いつもなら一人で突っ走るルイスですがハーヴィーに相談に来ます。

ハーヴィーは法曹協会の委員の所へ行ってレイチェルの件を掛け合い、手違いと言う事で面接は出来る事になりましたが、合格は難しいと言われます、相手の委員はその事で取引をするよう要求します。

一方、マイクの手掛けている住宅訴訟は依頼人の子供が喘息の発作で緊急入院します、和解金額を知らせに行きますが彼女はその金額では医療費に足りないから裁判をやってほしいと頼むのです。

自分が弁護士として法廷に立てないので、相談所の弁護士オリヴァーで戦うしかありません。彼は優秀で頑張り屋ではあるけれど、法廷に立つとあがり症で頭の中が真っ白になる弱点があります。不安が的中で裁判は負けてしまいます。

その頃、レイチェルはハーヴィーから今回の審査に関するトラブルは、個人的に利用されただけだから面接は受けられると言われていました。そこへマイクが来て自分も適正審査を受けたいと言います。

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [DVD]

ガブリエル・マクト, パトリック・J・アダムス, ジーナ・トーレス, リック・ホフマン, メーガン・マークル, サラ・ラファティー
3,653円(07/15 14:43時点)
Amazonの情報を掲載しています




SUITS/スーツ シーズン6 第14話「裏取引」のあらすじ

法律事務所での仕事を通じてやはりレイチェルともども弁護士になりたいと考えたマイクは、ハーヴィーとサイデルの裏取引に協力することに。

マイクはヴェロシティー社の傘下の鉱業会社で健康被害を受けた元従業員たちを説得して回り、150人の訴訟を起こすことに成功する。

一方、ルイスはアパレル会社の女性社長との契約をつなぎ留めるため、多忙で同席できないハーヴィーの代わりにレイチェルとカトリーナを動員するが……。

SUITS/スーツ シーズン6 第14話「裏取引」の感想・ネタバレ

この記事にはネタバレが含みます。

SUITS/スーツ シーズン6 第14話「裏取引」の感想・ネタバレ

(C)2011 Universal Television. All Rights Reserved.

シーズン6 第14話ではマイクが本物の弁護士になるための策が進んでいきます。大企業のヴェロシティ・データソリューションズに起こす訴訟を合法的に見せる為、マイクの相談所を通しての訴訟にしなければなりません。かなりグレーな作戦ですが、これしかない様です。

翌朝、相談所に行ったマイクはオリヴァーにヴェロシティ社が関わった和解案件と金額を調べるよう指示します。調査能力が優れたオリヴァーは、間もなく何件かの案件を見つけ出します。鉱山に係る案件でした。

健康被害の訴訟でしたが解決済で元従業員達は守秘義務契約を結んでいました。契約は一人でも約束違反をしたら全員の見舞金も没収されるのです。

マイクはヴェロシティ社のCEOパルマーに会い、集団訴訟を起こすと伝えます。初めはマイクを軽く見ていたパルマーもマイクがとっさに出した、ピアソン・スペクター・リットと組んでいる、の一言でパルマーの態度が変わります。

その後、パルマーCEOがハーヴィーに会いに来て金額の交渉をしますが、公表にこだわるハーヴィーにパルマーは裏がある事を察し、その狙いまでサイデルが関わってて、株価の暴落狙いだと言う事まで。

やっている事は犯罪になる、そうして、サイデルは浮気相手がデータの流出をしたと言ってたが、それは嘘で本人がやった事だと聞かされる。さすがのハーヴィーも愕然とします。これで、マイクが弁護士の適正審査を受ける事を狙っている事もバレました、ハーヴィーとマイクにとってはかなりのピンチ!

レイチェルとカトリーナにも新たな友情が、ルイスに頼まれ、顧客の接待とプレゼンの手伝いをする事になった二人はお互いを尊重し合い楽しく仕事が進み、無事済んだのですが、結果は残念な事に顧客は離れてしまいました。

この二人、事務所にとって、かなり有望な存在 レイチェルとカトリーナ、いつも若々しく、オフィスカジュアル風なファッションですが、この二人が着ると、コーデ次第で何とも素敵なファッションになっています。ジェシカはやはり、トップとしての威厳が感じられる高級感と抜群なスタイルを生かした大胆なデザインを、ドナは全体的にフェミニンなワンピース、彼女のファッションは見応えありますね。

マックス・マーラ、ヒューゴ・ボス、そうして、あのドラマ「フルハウス」でかわいらしさで魅了したオルセン姉妹が立ち上げたエリザベス&ジェームスなどが着られているみたいです。靴はスチュアート・ワイツマン、ルブタンなど一流どころが名を連ねているようです。

以上、「SUITS/スーツ」シーズン6 第14話の感想・ネタバレでした。シーズン6 第15話~第16話につづく

海外ドラマ「SUITS/スーツ」シーズン6 第15話~16話の感想・ネタバレ・あらすじ




SUITS/スーツ シーズン6 「1話~16話」の感想・ネタバレ・あらすじ

話数 タイトル 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 トラブルに乾杯 2016年7月13日 185
2 解放宣言 2016年7月20日 165
3 再起をかけて 2016年7月27日 178
4 秘策 2016年8月3日 181
5 勝ち得た信頼 2016年8月10日 151
6 夢と現実 2016年8月17日 168
7 揺さぶり 2016年8月24日 183
8 自由への切符 2016年8月31日 188
9 最後の切り札 2016年9月7日 187
10 P.S.L. 2016年9月14日 192
11 再出発 2017年1月25日 137
12 許しのアヒル 2017年2月1日 153
13 ジレンマ 2017年2月8日 128
14 裏取引 2017年2月15日 121
15 届かぬ理想 2017年2月22日 125
16 最強の味方 2017年3月1日 113

SUITS/スーツカテゴリの最新記事