公開日: 更新日:

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語を無料視聴できるフル動画配信サイトはココだっ!

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語を無料視聴できるフル動画配信サイトはココだっ!

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語

あらすじ解説主要キャスト主要スタッフ
【Hulu独占配信】2018年ゴールデングローブ賞 テレビシリーズドラマ部門 作品賞・主演女優賞受賞。第69回エミー賞主要部門制覇。 カナダ文学界の巨匠マーガレット・アトウッドのディストピア小説をドラマ化。全米で社会現象を巻き起こし、世界中で物議を醸し出している衝撃作。行動を極限まで制限された監視下の世界で、どのように今を“生き抜く”かが、主人公の目線を通して力強く描かれる。
エリザベス・モス
ジョセフ・ファインズ
イヴォンヌ・ストラホフスキー
サミラ・ワイリー
マデリーン・ブリューワー
アレクシス・ブレデル
マックス・ミンゲラ
アン・ダウド
O.T.ファグベンル
プロデューサー
ブルース・ミラー
ウォーレン・リトルフィールド
ジョゼフ・ボッチャ
エリザベス・モス
アイリーン・チェイケン

原作/脚本
マーガレット・アトウッド

受賞
第75回 ゴールデン・グローブ賞
第69回 エミー賞

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語の予告動画




【海外ドラマ】ハンドメイズ・テイル/侍女の物語を無料で視聴したくてフル動画をネット上で探している人も多いかと思います。

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語 無料動画
ハンドメイズ・テイル/侍女の物語 無料視聴

などの検索ワードで動画を探し回っていると、海外の違法アップロードサイトを開いてしまい、視聴機器がウイルスに感染してしまうという報告が多々ありますので、安心して利用できる動画配信サイトで観ましょう。

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語を無料で観るには、動画配信サイトの無料トライアルを利用します!

無料トライアルの期間(お試し期間)は、2週間~1ヶ月もあるので十分に楽しむことができます。

お試し期間を過ぎてしまうと利用料が請求されるので注意しましょうね!

目的の動画を見終わって、他に見たいものが無く、解約・退会しようと思った場合、無料トライアル期間中に解約すれば一切料金は発生しません。

うれしい~!!
こんなサービスがあるなんてスゴイです
mihoko
mihoko

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語のフル動画を無料視聴できる配信サイト

動画配信サービス 配信状況 無料期間
Hulu 月額933円
(2週間無料)
Netflix 月額800円
(1ヵ月無料)
U-NEXT 月額1990円
(31日間無料)
dTV 月額500円
(31日間無料)
ビデオパス 月額562円
(30日間無料)
FOD 月額888円
(1ヵ月無料)
amazon 月額500円
(30日間無料)
この記事は2019年11月に更新されたものです。 タイミングによっては、配信が終了している、または見放題が終了している可能性もあります。

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語を配信しているのは「hulu」だけでした。

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語はhuluプレミアなので、現在huluでしか見ることができません。

huluプレミアとは、海外のリアルタイム作品を日本で初放送するブランドラインです。

つまり、海外作品を『huluが一番初めに配信した作品』です。

もちろん、huluプレミアも2週間無料で観ることが可能です!

↓hulu公式サイトはコチラ
Hulu

また、huluの登録方法や解約方法はこちらより確認できます♪

観たいときに観たい場所で、何回も視聴することができますし、わざわざレンタルショップに返却しにいかなくて済むというメリットも大きいです!

また、フルHD画質に対応しているので、DVDと比べても画質が断然綺麗で、大画面で見ても綺麗に観れます(感動!)

是非利用してみてはいかがでしょうか?

動画共有サービス(無料)でハンドメイズ・テイル/侍女の物語のフル動画を探す

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語は無料で利用できるYoutube(ユーチューブ)、Dailymotion(デイリーモーション)、Pandra(パンドラ)などでも、まれに視聴できることがあるかもしれませんが、画質が悪かったり、接続中がくるくる回ってスムーズに見れなかったりします。

また、それらの無料動画は違法にアップロードされているものなので、著作権違反で動画がすぐ削除されてしまうことも頻繁にあります。

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」おススメポイント

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」おススメポイント

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」おススメポイント1① エミー賞で史上初! ネット配信のオリジナルドラマが作品賞を受賞
アメリカテレビ業界のアカデミー賞とも称されるエミー賞。近年、勢いを増すばかりの動画配信サービスのオリジナルドラマとして、2017年のエミー賞で初の作品賞を受賞するという快挙を成し遂げたのが「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」だ。続く2018年のゴールデングローブ賞でも作品賞に輝き、賞レースを席巻した作品の質の高さはお墨付き。この受賞をきっかけに米Huluの加入者が一気に増加したことも大きな話題となった。まさに人気と実力を兼ね備えた秀作シリーズの決定版!


「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」おススメポイント2②ー1 #MeTooムーブメントを予兆&後押し! これは“近未来のディストピア”ではなく現在進行形の物語なのだ
服装は決められており、行動だけでなく勝手に話すことも許されない。女性はひとりで外出できず、教育を受ける権利もなく、同性愛者は厳しく罰せられる。またレイプされても責任は女性にあるとされるのが、本作の世界における女性を取り巻く状況だ。30年以上も前に発表されたマーガレット・アトウッドのディストピア小説『侍女の物語』に基づく本作は、“近未来のディストピア”ではなく、多くの人々にとって本作は現在進行形の恐怖として受け止められたのである。


「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」おススメポイント3②ー2 日本人にとってもまた遠い国の話ではなく、女性を取り巻く理不尽な現実とリアルに重なるシチュエーションやエピソードも少なくないだろう。本国でシーズン1が配信開始となったのは2017年4月。その数ヶ月前の1月には、現在に至るまで女性蔑視発言を繰り返すドナルド・トランプが大統領に就任し、10月にはハリウッドのセクハラ騒動に端を発した#MeToo運動が盛り上がりを見せた。本作はまさにそうした時代の不穏な空気を反映し、同時に#MeToo運動を後押しする作品として社会現象を巻き起こしたのである。


「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」おススメポイント4③ー1 世界中を震撼させた「儀式」のシーン。過激な表現を通して描かれるものに意味がある
世界的に環境汚染が進み、女性の不妊率が上昇。出生率も大幅に減少した世界で、原理主義に支配された全体主義国家のギレアド共和国となった、かつてのアメリカが本作の舞台だ。妊娠することが可能な健康な女性が、侍女(ハンドメイド)として司令官の家に仕え、つまりは愛人となって「儀式」と呼ばれる性交渉を強いられる。ギレアド共和国では女性には性欲がないとされており、セックスは快楽であってはならず、子供を作るための神聖な行為なのだ。このシーンの描写は静かだが恐ろしく、これまでに見たこともないほどの過激で悲痛なものとして世界を震撼させた。


「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」おススメポイント5③ー2 司令官の妻が広げた股の間に侍女が頭を乗せ、侍女は妻としっかり手を握りあいながら司令官と儀式に臨む。感情を殺して義務化されたレイプに耐える主人公ジューンをはじめとする侍女たちの運命に、恐ろしさと同時に憤りを感じる。なぜ女性というだけで、このような目にあわなければいけないのか? 近年、ネット配信だからこそ可能な過激な表現に注目が集まることが多いが、ただ過激なだけでは作品として評価することはできない。本作はこうした過激な表現の数々を通して、沈黙を強いられた者たち(女性や障害者、性的マイノリティなど)のやり場のない怒りや悲しみといった声なき声を伝えて胸に迫るものがある。


「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」おススメポイント6④ー1 エリザベス・モスが演じる不屈の魂を持つ女性、ジューンの闘いのゆくえは……?
どれほど苦難に見舞われようとも、主人公ジューンの不屈の魂を体現するエリザベス・モス(「マッドメン」)の演技は圧巻だ。シーズン1では夫と娘、さらに名前も奪われて「オブフレッド」としてウォーターフォード司令官のもとに派遣されたジューン。徹底して教育を受けた他の侍女たちと同じように、「翼」と呼ばれる白いボンネットで顔をすっぽりと覆い、常に伏し目がちで表情を見せない。人間としての尊厳を剥奪された女性たちはひっそりと息を潜めて日々を生きている。それでも娘と必ず再会することだけを心の支えに生き延びることを心に誓うジューン。シーズン2では沈黙していた侍女たちが声を挙げ、それぞれが個性を見せ始める。被害者にも加害者にもなり得る女性のキャラクターたちが、前を向き、なんども希望を打ち砕かれながらも、その闘志の火が燃え尽きることはない。


「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」おススメポイント7④ー2 そしてシーズン3では、いよいよジューンはついに反撃に出ることになる。分断した世界、あるいは埋められない溝がある女性同士が連帯し、ギレアド共和国の外の世界と連携することは可能となるのか? また、こうした物語の中で男性がどう描かれるのかも興味深いものがある。いよいよ本格的な動きを見せ始めるジューンたちの、一筋縄ではいかない闘いのゆくえから目が離せない。

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語の感想・口コミ

エリザベス・モス出演作品

海外ドラマカテゴリの最新記事