公開日: 更新日:

『SUITS/スーツ』シーズン4 第9話のキャスト、使われた曲(挿入歌)

『SUITS/スーツ』シーズン4 第9話のキャスト、使われた曲(挿入歌)

海外ドラマ「SUITS/スーツ」

この記事では、本作『SUITS/スーツ』シーズン4 第9話に登場するメインのキャストとサブキャストや、使われた曲(挿入歌)をご紹介していきます。

『SUITS/スーツ』シーズン4 第9話の監督とキャスト一覧

監督:ジェームズ・ホイットモア・Jr

Cast 役者 役名
Gabriel Macht Gabriel Macht(ガブリエル・マクト) Harvey Specter(ハーヴィー・スペクター)
Patrick J. Adams Patrick J. Adams(パトリック・J・アダムス) Mike Ross(マイク・ロス)
Rick Hoffman Rick Hoffman(リック・ホフマン) Louis Litt(ルイス・リット)
Meghan Markle Meghan Markle(メーガン・マークル) Rachel Zane(レイチェル・ゼイン)
Sarah Rafferty Sarah Rafferty(サラ・ラファティ) Donna Paulsen(ドナ・ポールセン)
Gina Torres Gina Torres(ジーナ・トーレス) Jessica Pearson(ジェシカ・ピアソン)
D.B. Woodside D.B. Woodside(D・B・ウッドサイド) Jeff Malone(ジェフ・マローン)
Amanda Schull Amanda Schull(アマンダ・シュル) Katrina Bennett(カトリーナ・ベネット)
Neal McDonough Neal McDonough(ニール・マクドノー) Sean Cahill(ショーン・ケイヒル)
Eric Roberts Eric Roberts(エリック・ロバーツ) Charles Forstman(チャールズ・フォースマン)
Zeljko Ivanek Zeljko Ivanek(ジェリコ・イヴァネク) Eric Woodall(エリック・ウッドオール)
Allan Royal Allan Royal(アラン・ロイヤル) Judge Phillip Hopkins(フィリップ・ホプキンス判事)

©https://www.imdb.com/

『SUITS/スーツ』の相関図

『SUITS/スーツ』シーズン4 第9話に使われた曲(挿入歌)

スタイリッシュな音楽にあわせてテンポよく進むストーリーや個性的なキャラクター同士による絶妙なセリフの掛け合いなど、『SUITS/スーツ』の世界観を感じさせる要素が満載です。

それでは本作『SUITS/スーツ』シーズン4 第9話に使われた曲(挿入歌)をご紹介していきます。


Hush – Calexico

アーティスト: Calexico
アルバム: Algiers
リリース: 2012年


Bird of Sorrow – Glen Hansard

アーティスト: グレン・ハンサード
アルバム: Rhythm and Repose
リリース: 2012年


Bloodline – Barbarossa

アーティスト: バルバロッサ
アルバム: Bloodlines
リリース: 2013年

『SUITS/スーツ』シーズン4 第9話のあらすじ・感想(ネタバレ)フル動画情報も!

『SUITS/スーツ』シーズン4 第9話の動画情報

監督:ジェームズ・ホイットモア・Jr
米国放送日:2014年8月13日
原題:Gone
邦題:男のケジメ

凄腕弁護士ハーヴィーや天才青年マイクなど、魅力的なキャラクターたちがクール&スタイリッシュに活躍する リーガルドラマ『SUITS/スーツ』。

SUITS/スーツは、アメリカのドラマで、ニューヨーク・マンハッタンにある大手法律事務所「ピアソン・ハードマン」が舞台です。

オープニングは慌ただしい事務所の中を弁護士のルイス・リットが闊歩する場面からはじまります。

『SUITS/スーツ』 シーズン4 第9話の動画は、以下のリンクから見ることができます。

SUITS/スーツカテゴリの最新記事