公開日:

『SUITS/スーツ』シーズン6 第11話のキャスト、使われた曲(挿入歌)

『SUITS/スーツ』シーズン6 第11話のキャスト、使われた曲(挿入歌)

海外ドラマ「SUITS/スーツ」

この記事では、本作『SUITS/スーツ』シーズン6 第11話に登場するメインのキャストとサブキャストや、使われた曲(挿入歌)をご紹介していきます。

『SUITS/スーツ』シーズン6 第11話の監督とキャスト一覧

監督:パトリック・J・アダムス

Cast 役者 役名
Gabriel Macht Gabriel Macht(ガブリエル・マクト) Harvey Specter(ハーヴィー・スペクター)
Patrick J. Adams Patrick J. Adams(パトリック・J・アダムス) Mike Ross(マイク・ロス)
Rick Hoffman Rick Hoffman(リック・ホフマン) Louis Litt(ルイス・リット)
Meghan Markle Meghan Markle(メーガン・マークル) Rachel Zane(レイチェル・ゼイン)
Sarah Rafferty Sarah Rafferty(サラ・ラファティ) Donna Paulsen(ドナ・ポールセン)
Amanda Schull Amanda Schull(アマンダ・シュル) Katrina Bennett(カトリーナ・ベネット)
Leslie Hope Leslie Hope(レスリー・ホープ) Anita Gibbs(アニタ・ギブス)
Carly Pope Carly Pope(カーリー・ポープ) Tara Messer(タラ・メッサー)
Scott Michael Campbell Scott Michael Campbell(スコット・マイケル・キャンベル) Father Sam Walker(サム・ウォーカー神父)
Aloma Wright Aloma Wright(アロマ・ライト) Gretchen(グレッチェン)
Stephen Macht Stephen Macht(スティーヴン・マクト) Henry Gerard(ヘンリー・ジェラード)
Wendell Pierce Wendell Pierce(ウェンデル・ピアース) Robert Zane(ロバート・ゼイン)
John Jarvis(ジョン・ジャービス) Dean Harrick(ディーン・ハリック)
Jordan Johnson-Hinds Jordan Johnson-Hinds(ジョーダン・ジョンソン・ハインズ) Oliver Grady(オリバー・グラディ)
Scott Edgecombe(スコット・エッジコーム) Darryl(ダリル)
Eric Osborne Eric Osborne(エリック・オズボーン) Brian(ブライアン)
Caleb Phillips Caleb Phillips(カレブ・フィリップス) Chris(クリス)

©https://www.imdb.com/

『SUITS/スーツ』の相関図

『SUITS/スーツ』シーズン6 第11話に使われた曲(挿入歌)

スタイリッシュな音楽にあわせてテンポよく進むストーリーや個性的なキャラクター同士による絶妙なセリフの掛け合いなど、『SUITS/スーツ』の世界観を感じさせる要素が満載です。

それでは本作『SUITS/スーツ』シーズン6 第11話に使われた曲(挿入歌)をご紹介していきます。


I’ve Been Loving You Too Long – Otis Redding

アーティスト: オーティス・レディング
アルバム: オーティス・ブルー
リリース: 1965年

『SUITS/スーツ』シーズン6 第11話のあらすじ・感想(ネタバレ)フル動画情報も!

『SUITS/スーツ』シーズン6 第11話の動画情報

監督:パトリック・J・アダムス
米国放送日:2017年1月25日
原題:She’s Gone
邦題:再出発

凄腕弁護士ハーヴィーや天才青年マイクなど、魅力的なキャラクターたちがクール&スタイリッシュに活躍する リーガルドラマ『SUITS/スーツ』。

SUITS/スーツは、アメリカのドラマで、ニューヨーク・マンハッタンにある大手法律事務所「ピアソン・ハードマン」が舞台です。

オープニングは慌ただしい事務所の中を弁護士のルイス・リットが闊歩する場面からはじまります。

『SUITS/スーツ』 シーズン6 第11話の動画は、以下のリンクから見ることができます。

SUITS/スーツカテゴリの最新記事