公開日: 更新日:

テセウスの船の見逃し動画を無料視聴できるサービスはココだ!【ドラマ】

テセウスの船の見逃し動画を無料視聴できるサービスはココだ!【ドラマ】

人気のミステリー大作に豪華キャストが出演!

竹内涼真がTBS日曜劇場で初主演!

鈴木亮平&榮倉奈々が竹内涼真の“両親”役で出演!

さらに!上野樹里が主人公の最愛の妻役で特別出演!

主演・竹内涼真(右2)演じる心の両親を演じる鈴木亮平(左2)、榮倉奈々(左)と 心の最愛の妻を演じる上野樹里(右)
主演・竹内涼真(右2)演じる心の両親を演じる鈴木亮平(左2)、榮倉奈々(左)と
心の最愛の妻を演じる上野樹里(右)

『テセウスの船』を放送することが決定しました!

「テセウスの船」は2020年1月19日スタート 毎週日曜よる9時からです!お見逃しなく♪

ドラマ「テセウスの船」は

「Paravi」で第1話から全話を無料でフル動画配信予定です。

『Paravi』は初回30日間は無料で、無料期間内に解約すれば本当に無料視聴!!解約金も一切なし!
独占配信作品やオリジナル配信作品も楽しめる!

「Paravi」は有料サービスですが、初回登録に限り『30日間」無料視聴が可能です。

登録すると無料期間中でも利用できるお得なサービスがあります。

・Paravi限定で配信されるオリジナル作品が有る
・「TBS」と「テレビ東京」だけでなく、「WOWOW」作品までも見放題視聴できる

最新話放送終了後1週間以内の場合の見逃し視聴はTBSFREE!で!

※上記サイトでの動画配信は原則最新話のみで、過去話は視聴できません。

ドラマ「テセウスの船」見逃し動画を「Paravi」で無料視聴してみよう

テセウスの船の見逃し動画を無料視聴できるサービスはココだ!【ドラマ】

『テセウスの船』とは
タイトルの『テセウスの船』とは、ギリシャ神話がモチーフとなったパラドックス(逆説)のこと。
英雄・テセウスの船を後世に残すために朽ちた部品が全て新品に交換されることで、“この船は、同じ船と言えるのか?”という矛盾を問題提起するエピソードである。過去を変えても、未来の家族は同じと言えるのかという難しい課題に、主人公は挑んでいく。
『テセウスの船』とは
あらすじ解説主要キャスト主要スタッフ公式コンテンツ
1989年6月 音臼小無差別殺人事件が起きるまで、あの村では不可解な事故や事件がいくつか起きていた。

1989年1月7日(土曜日)三島医院の次女、三島千夏ちゃん5歳がパラコート中毒で死亡。
千夏ちゃんは、自宅倉庫にあった除草剤パラコードを誤って飲み、激しい腹痛と嘔吐で病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

さらに、その女の子の姉(三島明音)が失踪し行方不明に。

さらにその翌月には村人の変死事件が起きている。

当時これらの事件は事故として扱われた。 しかし警察官である 田村心(竹内涼真)のお父さんだけは事件として捜査していた。

その矢先、1989年6月24日 北海道音臼村 でその音臼小無差別殺人事件事件は起きた…。

小学校のお泊り会で 夕食時に突如39名が 腹痛や吐き気を訴えて病院に搬送 児童16名と 学校職員5名 合わせて21名が死亡した。

その後の調べで 夕食時に出されたオレンジジュースに 毒物である青酸カリが混入されていたことが判明した。

その後 警察はある男の自宅から青酸カリを押収 それが決め手となって逮捕となった。

犯人は、田村心(竹内涼真)の父親、現役警察官の佐野文吾(鈴木亮平)なのか!?

事件直前にタイムスリップした息子は、驚愕の真実にぶちあたる!

“俺の父親は、本当に犯人なのか!?” 事件によって失われてしまった家族の笑顔を取り戻すため父の無実を信じて立ち上がる息子(竹内涼真)。

時代を超えた“父と子の絆”に奇跡は起こるのか──!?

31年の時を超えて明かされる、驚愕の真相!

「この謎に、涙する」

田村 心…竹内涼真
佐野 和子…榮倉奈々
田村 由紀…上野樹里(特別出演)
佐野 文吾…鈴木亮平
脚本
高橋麻紀

プロデューサー
渡辺良介
八木亜未

演出
石井康晴
松木 彩
山室大輔

原作
東元俊哉

製作
大映テレビ
TBS

「テセウスの船」の予告動画

「テセウスの船」見逃し動画を無料で観るには、動画配信サイトの無料トライアルを利用します!

無料トライアルの期間(お試し期間)は、30日間もあるので十分に楽しむことができます。

お試し期間を過ぎてしまうと利用料が請求されるので注意しましょうね!

目的の動画を見終わって、他に見たいものが無く、解約・退会しようと思った場合、無料トライアル期間中に解約すれば一切料金は発生しません。

うれしい~!!
こんなサービスがあるなんてスゴイです ?
mihoko
mihoko

「テセウスの船」見逃し動画を無料視聴できるサービス

動画配信サービス 配信状況 無料期間
Hulu 月額933円
(2週間無料)
Netflix 月額800円
(1ヵ月無料)
U-NEXT 月額1990円
(31日間無料)
dTV 月額500円
(31日間無料)
ビデオパス 月額562円
(30日間無料)
FOD 月額888円
(1ヵ月無料)
amazon 月額500円
(30日間無料)
Paravi 月額925円
(30日間無料)
この記事は2019年11月に更新されたものです。 実際には2020年1月19日毎週日曜以降になります。
2020 冬ドラマ見逃し配信 曜日別一覧
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
今夜はコの字で
放送時間:24時
不明

10の秘密
放送時間:21時
FODicon
相棒18
放送時間:21時

僕はどこから
放送時間:24時12分
paravi
知らなくていいコト
放送時間:22時
hulu_icon

科捜研の女19
放送時間:20時

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時
放送時間:21時00分(テレビ朝日)

ゆるキャン△
放送時間:25時(テレビ東京)

連続殺人鬼カエル男
放送時間:24時25分(カンテレ)

女子高生の無駄づかい
放送時間:23時15分

絶メシロード
放送時間:深夜0:52
paravi
チョコレート戦争~朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり~
放送時間:深夜0:30
不明

トップナイフ
放送時間:22時
hulu_icon
彼らを見ればわかること
放送時間:22時
不明

アリバイ崩し承ります
放送時間:23時15分

テセウスの船
放送時間:21時
paravi

頭取 野崎修平
放送時間:22時
WOWOW
捜査会議はリビングで おかわり!
放送時間:22時
不明

麒麟がくる
放送時間:20時

動画共有サービス(無料)で「テセウスの船」のフル動画を探す

「テセウスの船」は無料で利用できるYoutube(ユーチューブ)、Dailymotion(デイリーモーション)、Pandra(パンドラ)などでも視聴できることがあるかもしれませんが、画質が悪かったり、接続中がくるくる回ってスムーズに見れなかったりします。

また、それらの無料動画は違法にアップロードされているものなので、著作権違反で動画がすぐ削除されてしまうことも頻繁にあります。

「テセウスの船」を見る前の感想・口コミ

ほのか
テセウスの船ストーリーおもろい上に、竹内涼真と鈴木亮平とかもう見るしかない。
鈴木亮平と榮倉奈々とかメイちゃんの執事思い出してエモい気持ちになるから、泣いちゃうかも。
にこにこ天使ちゃん
テセウスの船!ドラマか知らなかった🙄竹内涼真か…あまり好きじゃないんだよな〜でも観るけど🙄
あづみ
テセウスの船、ちらっと漫画読んでおもしろくて、そしたらドラマやるんだねー楽しみ
漫画編集営業いけうち
1月クールのテセウスの船は原作神がかっているので原作無料キャンペーン中を読んでから1月ドラマ見ても絶対面白い!キャンペーン中の書店要チェックやで!
知って得する雑学
『テセウスの船』というパラドックスがある
とある船を何度も何度も修理していると
最初に使われていた部品はすべてなくなった
この船は最初の船と同じか?というもの

「テセウスの船」の感想・口コミ

第1話の感想・口コミ
老けメイクとCGと未来から来たことすんなり受け入れ過ぎなところが気になるが、犯人は誰なのか、伏線をどう回収するのか、めちゃくちゃ気になる!色々考察するの楽しい!
テセウスの船は面白いミステリードラマになりそう。
しかし、演出なのか、ちょっと気に入らないところもあった。
最初、父である警察官が、いかにも犯人であるかのような見ている人を無理矢理誤解させる不自然な演出があった。
ああいう不自然さがなければ、もっと面白くなるのにと思いながら。
あまりタイムスリップするドラマや映画は好きじゃないけど『テセウスの船/第1話』は面白かった。
佐野は、犯人なのか冤罪なのか。
『パンティ仮面/監督:福田雄一』では悪を成敗していたが、今回はどうなのか。
1話目にして、涙腺緩みっぱなしでした。お父さんを信じたい。冤罪を晴らして欲しい!!お母さんに笑顔を取り戻して欲しい。
2話も楽しみです。
本でも読みたくなりました。
1話から感動した😭😭😭

「俺は父さんとずっとつながっていたんだ…」
父さんが自分の理想の父親だと分かった笑顔の涙は良いシーンだったなぁ
初めて見た時の睨みつけてた表情からの気持ちの変化がよくわかる👍

第2話の感想・口コミ
「テセウスの船 第2話」
今期大本命。榮倉ママ…本当に強い人ってきっとこういう人。これからの展開が楽しみすぎる一方、サムネの鈴木亮平の老けメイクだけが、ただただ不安
とりあえず2話までで確実そうなところまで推理をまとめておこうと思う。

①キング…もとい、長谷川翼は実行犯である

彼の役割はターゲットとなる子どもたちの写真を撮ること、そのための信頼を勝ち取ること。そして交際相手の女性から薬品を受け取り、子どもに飲ませること。

翼くんが心に対して何であんなに威圧的で怒りの沸点が低いのか疑問だったけど2話見て腑に落ちた
竜星涼くんの威圧的な演技にちょっと違和感があったけどあーだからか‼︎ってなった♪
あのキモい演技も巧すぎー✨
「テセウスの船」気になりすぎる~😲本当に真犯人分からないし、みんな共犯に思える😅まだ2話だけど、あの家族、ラストは笑顔になりますように😊
ってか竹内涼真くんのお兄さん役は現在は何処へ⁉😅お姉さんは現在は貫地谷しほりさんでしょ⁉兄が載ってない😅
俳優では涼真くん、鈴木亮平さん好きだし
さつき先生が犯人だ

って凄い言われてるけど
2話の時点で予測立てられてそれが結末なんて
そんなつまらない展開にはしないはずだから
そう思わせるところまでが
制作側のツボなんじゃないか?

第3話の感想・口コミ
第3話「事件が解決したら3人で酒でも飲んで、あいつから万馬券聞き出そうや」by金丸刑事@ユースケ・サンタマリア。私にとって容疑者最有力候補が完璧な死亡フラグからの~退場?!いやぁぁぁぁっ!!!せっかく金丸刑事が心さん@竹内涼真の味方になってくれたっていうのに…。
真犯人、金丸さんやと思ってた。

しんさんが父に全部話したあと、追い出されたときは、ゾッとした。思いを感情にのせて伝えようとしてたってのを、父が知った時の表情は、まさにあの時を後悔してる気持ちが伝わってきた。

子役の子も演技上手いし!!

物語が動き始めた…。

金丸が「よお!」と言った…
この時の人物は誰か⁈ ラスボスか? (時間軸のずれた心)か?
ラスボスが金丸を突き落としたのか🤔

金丸が「よお!」と挨拶をする相手であれば、木村さつきや石坂校長の可能性は薄い。

やはり、二度目のタイムスリップをした心か⁈

うっかり2話の見逃しを見逃して今3話観てるんやけどさ、心は自分が未来から来たことは文吾に言ってあるのになんで息子だってことは言わんのやろ?
あと、原作のネタバレをググったら、この話どうやら救いがない結末っぽくてつらみ
第3話ラストで心が独白している時、バックでサイレンが鳴っているのはそのためか?31年前と同じ姿の田村心が現れたので村人が通報。まあ、31年前には生まれてなかったので直ぐに釈放されるだろうけど(笑)。
3話まで見たんだけれど

パラドックス的視点で見ればこれは、正になるんですかね…中身が変わっても結果は変わらないので…でも、結果は悪化はしていて内容は改善されているんですよね、ノートを犯人に取られたり、と一概に改善とは言えないけど…どうなるのかなぁ

第4話の感想・口コミ
テセウスの船4話で上野樹里出てきたシーンで泣いたのに最後のシーンでティッシュ1箱使い切りそうな勢いで泣いてた
というかこのあと出かけるから跡できないようにティッシュ使ってたんですけどね
次回佐々木紀子また出て証言するらしいのでかなり楽しみ
4話も泣けましたね。心さんの奥さんの由紀さんが会場に乗り込んだのは想像がついたのだけれど…ていうか、そうしてほしかった(私の願望)。ただ言い方に気を付けてほしかったわ。被害者の方は犯人が誰であろうと傷ついているのだから。
犯人は安藤政信だと思ってたけど彼はあのミキオだったのか。当時子供だったから犯人ではなさそう(子供の頃から殺人鬼?)。
もう1人あやしいと睨んでた刑事も殺されたしなー。
まだ4話めの途中だからこれからどうなるのかドキドキ。
ミキオは姉ちゃんの正体知ってるんじゃない?
さつき先生が真犯人っぽい感じで終わらせていたが、真犯人なら心が未来の人間とわかっていたはずなので姉弟の会話を聞いたときのあの反応はおかしいんだよな。
まあまだ中盤なのに真犯人バラしはないと思うから元よりブラフだろうけど。
現代に戻ったらタイムパラドックスによって変わってしまった。バタフライエフェクトによって変化した所と変えられない悪夢。アイツがそのまま犯人なのかなぁ・・・犯人VS主人公が目に見えてる感じで進むのかワクワクする
第5話の感想・口コミ
幹夫と結婚することによってさつき先生まで付いてきて鈴は自分を苦しめてる。
その結果、今は脅迫されて最悪な結果になってる。
どうにか脱出できないのかな。

証言者がさつき先生を家の中に入れたってことは犯人じゃないよね?
少し話が進んだと思ったけど、全く分かんない。

テセウスの船 5話♪はぁー😭あと一歩だったのに…😫木村さつきは黒だよね!旦那さんも怪しいし💦実は歩けるとか🤔⁉️次回、犯人が判明する様だけど最終回はまだ少し先だよね❓❓
◎5話
また振り出しに戻っちゃったね、、松尾さんの証言は録音するべきや心さん
それにしてもさつき先生怖すぎ
罪は犯してないと思ってたけど完全に人殺しだね
お父さんの松尾さんに対する優しさと前回同様の由紀のかっこよさが救いだよ
由紀どんどん心開いてるし早くくっついて!
テセウスの船は原作10巻完結の割にドラマの展開が早過ぎるのがもったいないんだよな。昨日第5話で原作7巻までいってるんだよね。犯人が誰なのかというハラハラよりも犯人との対決に時間割くつもりなのかな。
テセウスの船の第5話、引っ張り感が半端ない(笑)

面白いし、めちゃめちゃ続き気になるー🙃

でも、漫画は読まん‼️

漫画読んだ人も楽しめるように、オチ変えてる可能性あるよね😅

第6話の感想・口コミ
テセウスの船 6話見終わり
金丸刑事を突き落とした奴が犯人ってことばっかに頭いっててネットでの幹夫が犯人説に「子供なんだからできるわけないだろ!!いい加減にしろ!!」って思ってたけど木村サツキが事件前後辺りから共犯関係になって突き落としたのは木村サツキってことね、理解
テセウスの船の6話を録画したの見たけど、犯人予想通りだったけど、まだ他に真犯人もいる感じみたいだね。タイムリープ物の宿命でツッコミ所満載なんだけど、毎回気になって楽しみにしてる自分がいるw
テセウスの船 考察
6話でほぼもう察しついてしまったけど、
A,B軸とは別のC軸で音臼小事件が阻止されれば、とりあえず犯人は原作と異なるってことにはなるよな。
6話分まとめ見。涙涙で見ながらふと思った。着替えどうした、替えのパンツは?それと、少しはタイムスリップした状況にもっとあたふたしろと主人公、これは時間制約の問題か、まあそこはどうでもいい主題ではない。編集が素晴らしい、出演陣がみんな良い、BGMが大袈裟。
6話さっき見たけどこれ見る前みきおが犯人だなって思ってたけど違うような気がしてきた、心が真犯人なような気がしてきた
第7話の感想・口コミ
テセウスの船、7話感想続き。
久々の佐野家最高だし、感情移入しまくり。
佐野家がバラバラになりかけた時、心の叫び(想い)が、響いて良かった。
タイムカプセル、心が指輪と家系図入れるところで、主題歌流れて、涙止まらない。
あとは、やはり西郷どんの時以上に鈴木亮平の演技が神がかってイイ、
テセウスの船、7話。
現代編も良かったけど、やはり過去編の方が好き。
佐野家に戻る事を不安に感じてる心に「心さんの家だ」と言ってくれる文吾(鈴木亮平)最高。いざ帰宅したら「おかえり!」ってお祝いしてくれる佐野家ほんとにいいよね、。
こんな佐野家を不幸に落とし入れる犯人は許せないよね、
6話終了前にみきおの部屋にあったデッサン人形が、7話で心と佐野が行った時に見当たらない

「心先生へ」ってフロッピー残してるくらいなので、心や佐野が部屋に来る事はわかった上で、デッサン人形だけを隠したとしたら…

この人が怪しくて眠れなくなるので制作ミスであってほしい汗マーク

あの子が犯人…。なにかと炎上が心配な時代に、思いきった事しますね…。

(おばあちゃんが…ってのも、まさかね…)

…と思ったら次回予告もまた何が起きてるのやらでしたね。

ちなみに僕が個人的考えてるのが、犯人はもう一人の田村心と言う可能性…。

テセウス7話考察。犯人、仲本工事かな。
・心が訪問したとき声だけで若いって確信した
・みきおの毒入り薬を飲み込むシーンはっきり映してなくて水だけ
・話すとき相手側向いてる
・死体が乱れてない、脈止めてた?
来週回見ないとまだ分からんけど。
第8話の感想・口コミ
第8話で心が言った
『和子達を体育館に監禁したのはお楽しみ会の参加者』
はお楽しみ会に出ていた人物の中に真犯人がいると思わせ部外者を容疑から外す完全なミスリード
テセウスの船 第8話 大量毒殺事件当日、田村心は父・文吾と共にお楽しみ会に現れた加藤みきおの行動を監視する。毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。心と文吾はみきおに翻弄され、ついに昼食の時間を迎えてしまう…。
8話最後でワープロ出力された「超能力?笑える」が気になって1話を見直したところこの超能力発言は雪崩の時にさつき先生が発したものであってその時にいたのは佐野親子とさつき先生親子の4人でこのフラグを回収するなら真犯人はこの4人の中にいる??
テセウスの船8話の終わりの9話予告の音臼村祭のチラシの実行委員会の名前に校長の名前がある。校長は何らか事件に関係していることは察する事はできる。校長の身内?も絡んでいるのだろうか?
録画してたテセウス8話今回もめっちゃ面白かった〜マスコミに囲まれてるカッチャマ…(小声)の態度が元の世界線と打って変わって凄く強そうなのと最後の小藪の意味深な表情がとても気になりますね
第9話の感想・口コミ
テセウスの船の9話、もう一回みたけど…もしかして佐野さんが犯人から解放されたあとあの二人がご飯食わせるって言って家から離してる隙に庭に青酸カリ埋められた?
だとするとそうとう大きな力であの二人を言い聞かせてる、つまりあの小藪さんがやってるお巡りさんが犯人か!?
テセウスの船、9話感想
過去編でも木村さつき、憎たらしいな、、
結局文吾は捕まってしまった、、
せっかく和子と和気藹々としてたのに、、
みきおとの共犯者許せない、、
大変な状況化だけど、文吾の「チューしていい?」からの、和子のツッコミが、癒された。
榮倉奈々もほんといい女優になったよね
テセウスの船9話今見たけど見るんじゃなかったー
最終回前に続けてみたらよかったわ( ゚д゚)
村人全員怪しく見せる演出うますぎて真犯人なんか考えても分かるわけない( ˙ー˙ )
モヤモヤも後6日で終わる…寂しいな( ´ ▽ ` )
テセウスの船9話。来週もう最終回なんだ。これあと1回でまとまるんだろうか?回収すること山積みじゃない?この状態で解決しても本来死ぬ予定ではなかった人達は犠牲になったままだし。主にユースケ。
第9話。
文吾さぁぁん!結局逮捕される運命に…!最後まで全く犯人の予想つか〜ず。でも卓也はシロかな?村祭での動機もよく分からぬし。しかし、この事件が解決して文吾さんの無実を証明するためには…回復したみきおが全て吐くしかないな!みきお!!!頼むぜ!!!

「テセウスの船」の相関図

「テセウスの船」の相関図

「テセウスの船」 キャストのコメント

<竹内涼真>
今回のお話をいただいて原作を手にとってみたのですが、読み始めてすぐにそのストーリーにぐっと引き込まれ、最後まで一気に読めてしまったのが印象的でした。
ミステリーやタイムスリップといった要素もありますが、そこに家族の愛の物語も織り込まれ、今までに読んだことのない非常に面白い作品です。
僕がこのドラマで演じるのは“殺人犯の息子”です。31年前の殺人事件で父親が逮捕され、顔も見たことがない父親のせいで長年苦しい思いをしてきた青年です。重い役柄ではあると思いますが、それ以上に日曜劇場の主演ということで、このような大役を演じさせていただけることを今はすごく幸せに思っています。絶対に良い作品を視聴者の皆さんにお届けできるよう、キャストの皆さん、スタッフの皆さんとともに来年1月の放送に向けて精一杯頑張っていこうと思います。放送まで、ぜひ楽しみに待っていてください。

<榮倉奈々>
この度、佐野和子を演じさせていただくことになりました。
複雑なミステリーと人情の入り組んだ原作に魅了されました。
ドラマにはどんなスパイスが盛り込まれるか今から楽しみです。

<上野樹里>
温かい家族の愛が崩壊していく中、世の中を恐れ、父を恨みながら大人になった主人公の心(しん)を、妻である田村由紀としてしっかり支えていたいと思います。
暗い現実を変えようと葛藤する心を、時には少し変わった立ち位置から道標の光のように応援していたい。この物語は、大きな事件や過去と現在を描くサスペンスフルファンタジーですが、家族の愛が再生していく物語です。
ドラマをご覧になる方々が、心と共に「家族の真実の姿」と向き合う作品になればいいなと願っています。

<鈴木亮平>
過去の快活な巡査・佐野文吾、現在の死刑囚・佐野文吾。30年もの時の流れを表現することは大きな挑戦です。人は過酷な環境で年月を過ごすと、何を想い、どう変わるのか。自分自身も発見を楽しみながら、人間というものと向き合っていける作品になるのではと期待しています。
竹内くんや榮倉さんたちとともに家族の物語を大切に紡ぎつつ、猟奇的な真犯人は誰なのか、皆様に毎週推理を楽しんでいただけるスリリングな作品にしたいと思います。楽しみに待っていてください。

「テセウスの船」の各話あらすじ【全話】

第1話
生まれる前に父・佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心(竹内涼真)は、母・佐野和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。

 人目を気にして笑うことも許されなかった人生。しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野樹里)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。

 そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。
 そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。
 過去で出会った家族は優しさと笑顔が溢れる愛すべき者たちだった。

 父・文吾はなぜ殺人犯になったのか? 本当に事件の犯人なのか?
 心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件の謎を解明し、事件を阻止して過去を変えようと立ち向かう。

第2話
平成元年にタイムスリップした田村心(竹内涼真)は、木村さつき(麻生祐未)の計らいで事件が起きる音臼小学校の臨時教員として働くことに。

そして、心は父・文吾(鈴木亮平)と村で起こる事件を阻止していくことで父が逮捕される過去を変えようと決意する。

由紀(上野樹里)の事件ノートによると3日後に田中義男(仲本工事)の家が火事になる。

田中家の警戒に向かうと、そこで気味の悪い少女二人の絵が描かれたノートを発見する。

これも音臼小事件に関連しているのでは…という心の不安は的中し、鈴(白鳥玉季)が行方不明になったと村は大騒ぎになる。

想定外の事件に心は動揺し、父・文吾との仲に亀裂が入る…。

第3話
田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。

逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。
しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!?

不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する! 果たして、次なるターゲットは!?

追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。

第4話
再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。生き残った姉は行方知れず。

自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。

 最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。

 拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。

心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。
音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。

第5話
タイムスリップした平成元年から再び現代へ戻った田村心(竹内涼真)は、歴史が変わってしまうまでは妻だった記者の岸田由紀(上野樹里)の協力を得て、父・文吾(鈴木亮平)の無実を証明できるという証言者の松尾から連絡を受ける。それは心にとって、父の冤罪を晴らす唯一の希望の光だった。

その頃、木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅されていた村田藍(貫地谷しほり)。

文吾の娘だと夫の木村みきお(安藤政信)に隠し続けてきた藍は、さつきのある謀略に協力させられる。果たして、さつきの魂胆とは何なのか?

そして、心は突然、松尾から証言はできないと連絡を受ける。父を救う唯一の希望を失いたくないと、心は由紀に励まされながら必死で松尾に証言を願うが…。

第6話
田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。

姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が!

それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。

そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。

第7話
田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。音臼小事件まであと二日。心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。

 みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。

 そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する! 家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!?

第8話
大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。

 心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の時間を迎えてしまう。食事の中に毒が混入しているかもしれない最悪の状況の中、心は事件を阻止するため驚くべき行動に出る!

 また、村では同時に新たな事件が進行していた! 和子(榮倉奈々)と子供達の身に危険が迫る! そして、みきおの他に“もう一人の真犯人”がいることが分かる!
 ついに犯人の本当の狙いが明らかになっていく…!

第9話
田村心(竹内涼真)が犯人に呼び出されて向かった文吾(鈴木亮平)の後を追うと、そこには意識不明で重体の加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。

 文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。

 追い詰められた和子(榮倉奈々)が集まった記者たちに語った言葉とは!?
 そして、ラストには衝撃的な犯人の策略が待ち受けていた・・・!!

第10話
駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木亮平)。しかも……文吾は一連の事件の連続殺人の容疑を認め、自供する。「俺が犯人だ」。心(竹内涼真)と和子(榮倉奈々)は文吾から「家族の縁を切る」と言われ、ショックを受ける。すべては黒幕の仕掛けた罠なのか、それとも本当に文吾が殺人犯だったのか。

 大きく揺れる心と家族。バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……?
 そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。それは、心に究極の選択を迫るものだった。過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。やがて迎える黒幕との対峙。そこで事件のすべての真相が明らかにされる。心と家族の未来はどう変わるのか……?

国内ドラマカテゴリの最新記事